Apple、iPhoneディスプレイに指をかざして操作するホバリング機能を搭載か

次の記事

iPhone 7の背面カメラには出っぱりがなくなるかもしれない

3D Touchは第一段階に過ぎないようだ。AppleInsiderは、iPhoneのディスプレイに近く搭載されるかもしれない新しいセンサー技術の特許見つけた。iPhoneディスプレイに近接センサーを加え、ユーザーは画面に指をかざして操作できるようになる。このホバリングジェスチャーにより全く新しいインタラクションが可能となるだろう。

Appleは、マルチタッチディスプレイの中に赤外線センサーを搭載することを検討しているようだ。ピクセルから赤外線を発光し、反射した光を検出する。赤外線が反射して返ってきたのなら、ユーザーがディスプレイの上に指をかざしていることが分かる。

Appleのどの特許でも同じように、Appleはトラックパッドやキーボードにもこのテクノロジーを搭載する場合も想定している。ただトラックバッドの場合は、その大部分を手首が覆ってしまうので、上手く機能しないかもしれない。しかし、この技術はiPhoneディスプレイには良い機能だ。

Appleはすでに3D Touchでインタラクションの新たな方法を導入した。3D Touchより前のディスプレイの操作方法は、タップ、スワイプ、ピンチのみだった。3D Touchで2段階の圧力のジェスチャーが加わった。そしてホバリングが可能になることで、新たなジェスチャーも利用できるようになるだろう。

例えば、拡大表示をして、テキストにカーソルを移動するための長押しを変えることができる。また、誰かに電話をかけている時は近接センサーをオフにすることもできるだろう。

もちろん、Apple Pencilを使う時にこの技術を併用することもできる。例えば、書いた絵の上をホバリングして、特定の箇所をボタンで消すとかだ。SamsungはすでにGalaxy Noteのスマホにホバリングのジェスチャーを搭載している。

2013年、AppleはPrimeSenseを買収した。PrimeSenseはもともとKinectセンサーを開発していた会社だ。今回の特許はAppleが引き続き、ユーザーが物理的に端末を触らなくても操作できる新たな方法を検討していることを示すものだ。まだAppleがこの特許技術を実際に製品端末に搭載するのかどうかや、その時期は分からない。

Screen Shot 2016-02-03 at 2.42.40 PM

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter