クラウド家事代行の「CaSy」、最短3時間前の予約が可能に

次の記事

ゼロデイ脆弱性の‘発見者’たちを雇ってMacのセキュリティを確保したApple

2014年6月に正式スタートしたクラウド家事代行サービス「CaSy(カジー)」が、当日3時間前までの予約に対応する「直前リクエスト」機能をリリースした。これまでCaSyでは予約の締め切りを「2日前の18時」としていたが、ユーザーから要望の多かった直前利用に対応する。

現在、関東圏一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)と大阪府および兵庫県でサービスを展開するCaSy。各地域にてクラウドソーシングで家事代行スタッフをネットワーク化、現在月数千件の予約を受けている状況だという。売上高は非公開だが前年同月比で10倍になった。「例えメディアに露出して、登録までしても使ってもらえない。そこからユーザーにヒアリングを行ってプロダクトを磨いてきた。本当にコツコツしたことの積み上げだ」(サービスを提供するCaSy代表取締役CEOの胡桃沢精一氏)

1年半以上サービスを続けて、ユーザーとスタッフの相性も見えてきた。例えば子どものいるユーザーであれば、育児経験のあるスタッフが好まれるといった具合だ。「このビジネスはユーザーの『最初の印象』が重要。そのためには、最初にいいスタッフとマッチングする意味は大きい」(胡桃沢氏)。直近ではエンジニアも強化し、マッチングの最適化も進めている。

このマッチングの最適化が今回の3時間前までの予約の実現にも繋がった。「これまでであれば、週末に家事代行の依頼をしようと思っても、実際に家事をやってもらえるのは週明けになってしまっていた。だが前日や当日に申し込みをしたいという声は大きかった」(胡桃沢氏)

直前リクエストの利用は1時間3000円。通常は1時間2500円(スポット利用の場合。定期利用の場合は1時間2190円から)なので、料金的には500円追加でのオプションと考えていいだろう。ただし地域や時間帯によっては、マッチングできない可能性もある。同社では今後マッチング精度の向上、スタッフの拡大により、直前リクエストへの対応も強化していくとしている。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。