Android Wearの最新アップデートでスピーカー機能、手首のジェスチャー、音声入力に対応

次の記事

LinkedIn、株価30%急落―四半期決算はアナリスト予想を超えるも低い見通しに嫌気

Googleは本日Android Wearのアップデートをローンチし、Androidのスマートウォッチ・プラットフォームにいくつか新機能が搭載された。

Android Wearのアップデート機能で最も面白いのは、最新ウォッチのいくつかに搭載されているスピーカーが使えるようになったことだろう。例えばHuawei WatchやASUS ZenWatch 2を持っているなら、 アニメのディック・トレイシー と同じように、ウォッチから通話することができる。Googleはこの機能に対応するアプリの音声や動画メッセージを聞くことができると伝えた。Glide もそのアプリの内の1つだ。(Glideを覚えている?)

unnamed (13)

このアップデートでは他に新しい手首のジェスチャーにも対応する。カードを展開するには、腕を前に出して、素早く手首を下げる。戻るには、腕を出して、素早くひねる。手首を数回振ると時計画面に戻る。決して食器屋で試さないように。

このアップデートでHangout、Telegram、Viber、WhatsAppといったアプリからメッセージを送ることも簡単になる。ウォッチに一言声をかければいい。「オーケーGoogle、母にWhatsAppでメッセージを送信。食器屋でお皿を割っちゃってお金が必要なんだ」。

これらの新機能は大幅なアップデートと呼べるものではないが、音声操作でこのプラットフォームは使いやすくなるだろう。手首のジェスチャーに関しては私には良く分からないが、これは好みによると思う。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter