Containerization

CoreOSのコンテナエンジンrktがバージョン1.0に到達…プロダクション利用可に

次の記事

Android Wearの最新アップデートでスピーカー機能、手首のジェスチャー、音声入力に対応

CoreOSのコンテナランタイム競合製品rkt今日(米国時間2/4)バージョン1.0に達し、同社によるとプロダクションユースに十分使えるレベルになった。

バージョン1.0ではセキュリティ機能が新たに増え、今後は、CLI(コマンドラインインタフェイス)とオン・ディスクフォーマットのいかなる変更も後方互換性が保証される。

rktは現在、CoreOS App ContinerのイメージおよびDockerのイメージフォーマットでパッケージされたアプリケーションをサポートする。したがって、コンテナをDockerで作って、それをrtkで動かすことが可能だ。

CoreOSがrktプロジェクトを発表したのは2014年の晩(おそ)くで、Dockerランタイムのオルターナティブを提供することがその意図とされた。当時CoreOSのCEO Alex Polviはこう述べた: “Dockerはわれわれみんなが同意できるシンプルなユニットになる、と考えていた。しかし残念ながら、シンプルで再利用できるコンポーネント、という方向には進まなかった。今のDockerは、クラウドサーバーやクラスタリングシステムをローンチするための構築ツールであり、イメージの構築やその実行、アップロード、ダウンロード、さらにオーバレイネットワーキングなど、多様な機能がすべて、一つの一枚岩的なバイナリへコンパイルされ、ユーザーのサーバーの上でもっぱらrootで動いている”。

2016-02-04_1048

rktのローンチとほぼ同時期にCoreOSは、App Container(appc)プロジェクトもローンチした。それは、Dockerコンテナのスペックとイメージフォーマットに代わるものだ。

昨年Dockerは、そのコンテナのスペックをOpen Container Initiative寄贈した。そこは、コンテナ関連の主要選手が全員参加している、オープンソースの連合団体だ。

一見すると、Dockerのこの動きによって傍系のプロジェクト、rktやappcやCoreOSのイメージフォーマットなどは、割りを食うことになりそうだ。でもPolviは今日、“OCIの主な目的はコンテナのランタイム環境のスタンダードを作ることであり、コンテナのイメージの〜〜ではない”、と主張している。

でも、DockerとCoreOSというこの分野の二大勢力が、とても目立つ競争をしていることは、コンテナにとって強力な追い風になるはずだ。標準化プロセスはまだ始まったばかりだから、元気な論争や競争があることは、とても良いことだ。

関連記事。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在367人フォロワーがいます。