オンデマンドシェフサービスのLa Belle Assietteが追加で150万ドルの資金調達

次の記事

「チケット化」と「継続販売」で需要を喚起するクラウドファンディング「ENjiNE」

フランスのLa Belle Assiette(ラ ベッラ アシエッテ)が、サービス拡大のため追加で150万ドル(130万ユーロ)の資金調達をした。同社は、ヨーロッパにおいてオンデマンドシェフサービスのリーディングカンパニーとなっており、今後イベントのデリバリー業界においてもビジネス拡大の機会を模索している。

ラベッラアシエッテは家庭用のシェフのマーケットプレイスサービスから始まった。ユーザーがラベッラアシエッテのサイト上で、自宅でのランチやディナーパーティーに最適なシェフを探せるサービスだ。そこで探したシェフは、必要な材料や調理器具を持って、ユーザーの家やオフィスにやって来る。ユーザーはシェフに、キッチンを使わせるだけでいいのだ。

現在、ラベッラアシエッテで働くシェフは、ヨーロッパ6カ国で700名ほどいる。ラベッラアシエッテで働くことはシェフにとっても沢山の利点がある。1つ目は、ラベッラアシエッテでは、シェフは簡単に自身のオンラインプロフィールやメニュー表を作成出来る。それにより、シェアはより多くの可視性とアクセスが期待出来る。

2つ目は、ラベッラアシエッテは自動で予約を調整してくれるので、シェフはカレンダーとにらめっこしたり全ユーザーの連絡先などを管理する必要がないのだ。最後に、ラベッラアシエッテは決済や領収書に関しても全て対応してくれる。

今回の投資は、既存投資家のBlaBlaCar’s Nicolas Brusson、e­Founders’ Thibaud Elzière、Svedka Vodka’s Guillaume Cuvelier、l’Atelier des Chefs co-founders、Kima Ventures、BridgePoint’s Benoît Bassiを含み、また新規としてCabiedes & Partners and former Alain Ducasse Entreprise CEO Laurent Plantierが投資した。

同社は2014年10月にもビジネスを他国へ拡大させるために同じ額の資金調達をしている。サービスは現在、フランス、ベルギー、スイス、ルクセンブルク、イギリス、ドイツで提供されている。そして今、ラベッラアシエッテは新しいサービスへ挑戦しようとしている。

時に、あなたが自宅で大きなパーティーをホストするのにシェフが全て賄い切れないということがある。そのため、ラベッラアシエッテはブッフェやフィンガーフードのレセプションも提供する予定だ。また、同スタートアップは、オフィスのランチや料理教室なども提供する予定だ。

[原文へ]

(翻訳:Kana Shiina)

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。