super bowl
ads

スーパーボウルのテレビCMで注目を集めたテック系企業はApartments.com、Mobile Strike、そしてAmazon

次の記事

AdobeがAnimate CCをローンチ、Flash Professionalをついに改名; デザインツールMuse CCもアップデート

第50回の記念大会となったスーパーボウルのテレビ中継では、テック企業も多く広告を出稿していた。一般のひとびとに企業ないしブランド名の知名度拡大をはかるものも多かったように思う。ただし利用者の広告閲覧状況のトラッキングも行なっているTiVoのデータによると、エンゲージメント率でトップ10に入ったテック系企業の広告はApartments.comただ一社であったようだ。

この「Moving On Up」と題されたCMは、放映直後から議論を巻き起こしもした。Lil WayneとJeff Goldblumを使ったこの広告は全体で7番目のエンゲージメント率を獲得したのだとのこと。1位にはDoritos、2位にMountain Dew、そして5位にはPepsiなど、一般家庭に馴染みのブランドが入ったなか、なかなかの検討であったとは言えるかもしれない。

このApartments.comのCMはすなわち、スーパーボウルに出稿したテック企業CMの中で、もっとも見られたものであるわけだ。ただしTMZの記事にもあるように「人種差別的である」という議論もまきおこした。すなわちLil Wayneが、かつて奴隷農場を経営していたジョージ・ワシントンのために料理をしているようなシーンがあるからだ。

CMの閲覧ランキングについては、約3万名のTiVo利用者から匿名にてデータを集め、それを1秒1秒分析して視聴率の計算を行ったものなのだとのこと。「早送り」でCMを再生した人などはのぞき、あくまで通常速度で再生して閲覧された回数を比較している。

CM放映時間中で、他と比べてどれだけ高い視聴率を記録したかということで人気CMのランク付けを行ったそうだ。

ベスト10入りは伸ばしたものの、Apartments.com以外では、シュワルツェネッガーを採用して500万ドルを投じたMachine ZoneのMobile StrikeのCMも、テック系では2位となる注目度だった。

テック系の第3位は、Amazonの接続型スピーカーのEchoおよび搭載されているバーチャルアシスタントについてのCMだった。Echoを扱うCMはいくつか公開されてはいるが、Amazonとしてスーパーボウルに広告を出すのは初めてのことだった。

ペイパルの「There’s a New Money in Town」も、テック系のCMとしては4位となった。

テック系CMの順位リストを下に掲載しておこう。

Screen Shot 2016-02-08 at 1.41.22 PM

ずっとスーパーボウルを見ている人の中には、「今年はGoDaddyはどうだったんだろう」と思っている人もいるかもしれない。実は今年は出稿しないことにしたのだそうだ。これまでの広告に対する一部の反論が原因ではなく、ブランド知名度も上がってきたことから、さらなる大型CMは必要ないと判断したのだと言っている

テック系広告の上位5つを掲載しておく。

    • Apartments.com
    • Machine Zone
  • Amazon Echo
  • PayPal
  • Squarespace

原文へ

(翻訳:Maeda, H

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。