Android用1Passwordに指紋によるアンロック機能が実装、ルック&フィールはマテリアルデザインに

次の記事

次のTeslaは、3万5000ドルから。ただし実際に支払う金額はさらに少ない

パスワード管理サービス1PasswordをAndroidデバイスで使っている人たちのために、今日(米国時間2/9)そのデベロッパーのAgileBitsが、重要なアップデートを発表した。中でもとくに重要なのが、指紋スキャナーのサポートだ。それは、Appleのデバイスではかなり前からサポートされていた。

ただし、指紋によるデバイスのアンロックが使えるのは、Android Marshmallow(Android 6.0)を搭載し指紋スキャナーがある機種、たとえばGoogle Nexus 5Xなどだ。Android 6.0向けにアップデートされたアプリだが、指紋スキャン以外のアップデートはAndroid 4.1以降の機種なら十分有効だ。

それらの新機能は、チームのサポート、デザインにGoogleのMaterial Designを採用、浮動ボタンや遍在的なツールバー、などだ。AgileBitsによると、WiFiのシンク機能も“大幅に改良”され、パスワードを複数のデバイス間でワイヤレスにアップデートできる。こういうアップデートを早くやりたい人は、Androidアプリのベータに参加するとよい。

パスワード管理サービスをまだ使ってない人は、ぜひ検討してみよう。1Passwordも、ベーシックバージョンは無料だが、容量無制限のストレージなど、高度な機能が必要ならパッケージを買うこと。

同様のサービスとして、Dashlane最近大きくアップデートされたし、LastPassは昨年、LogMeInに1億1000万ドルで買収された。未来にはパスワードは要らなくなると思われるが、でも現状では、いろんなアカウントのパスワードの管理は自分でやるより、専用のソフトウェアに任せた方が安全だ。もちろん、同じパスワードをあらゆるアカウントで使うのは、もってのほかだけど!

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。