Oculusがすぐ使えるPCセットを、ASUS、Alienware、Dellが1499ドルで来週から予約受付

次の記事

SlackがTechCrunch Crunchieで「最高速成長賞」を受賞、黒人女性技術者4人が授賞式に登壇

Oculusは、バーチャルリアリティーに飛び込むのに必要なものすべてを、人々が簡単に手に入れられるようにしたがっている。ASUSAlienware、およびDellとの提携によって、OculusはOculus対応PCセットを1499ドルで2月16日午前8時(PST)から予約販売する。セットで買うと、PCが100ドルから200ドル安くなる。

Desktop_xps_8900セットには、Oculus Riftとこれを動かせる強力なゲームPC、モーションセンサー、Xbox Oneコントローラー、リモコン、および同時発売のゲーム、EVE: Valkyrie Founder’s PackとLuckY’s Taleが含まれる。出荷は4月の予定。

この発表で、単体で599ドルのRiftを使うためには一体いくらかかるのかが、かなり明確になってきた。これは間違いなくハードコアPCゲーム向けのハイエンド製品であり、カジュアルなメディア好きのものではない。

セットの価格を見ると、Oculusが開発に協力した99ドルのヘッドセット、Samsung Gear VRとは明らかに一線を画している。Gear VRはSamsungのスマートフォン、Galaxyで動作し、Galaxyの価格は600ドル前後。つまり、Riftセットの方が2倍ほど高い。

alienware-oculus-gear-08

セット商品は、Best BuyAmazon、およびMicrosoftストアで来週から予約できる。すでにRiftを予約している人は、アップグレードしてPCも入手することが可能で、来週予約ページに表示されるコードを使ってディスカウントを受けることができる。今持っているPCでRiftを動かせるかどうか不明のときは、この情報ページを見るか、この互換チェックツールをダウンロードして実行すればよい。

oculus-ready-pc-family.1

今問題なのは、果たしてOculusが、この価格でRiftに価値を見出す人を十分な数探しだし、デベロッパーに開発意欲を起こさせられるかだ。

最も数多く売れたものが、第一優先で開発するプラットフォームになる。その意味でOculusはもちろん、VRのiOSになろうと狙っている。

Screen Shot 2016-02-09 at 10.28.30 AMScreen Shot 2016-02-09 at 10.28.26 AM

Screen Shot 2016-02-09 at 10.34.59 AM

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在350人フォロワーがいます。