Microsoftの新機種、Lumia 650は199ドルのWindows 10スマホ

次の記事

電力スタートアップのエネチェンジが4億円を調達、提携によりスマートメーターのデータ解析も

Microsoftは昨年10月に、初めてWindows 10塔載のLumiaフォンを発表した。そして今日、同社は3番目でずっと低価格のモデルを発表した。

もし、昨年のLumia 950とLumia 950 XLを印象的 ― 「終っている」プラットフォーム上のスマートフォンとしては印象的 ― だったとするなら、今日発表されたLumia 650は、その廉価版であり、価格は199ドル ― 950、950 XLのそれぞれ 549ドルと649ドルよりはるかに安い。

その199ドルで手に入るのは、5インチのOLEDスクリーン、8メガと5メガピクセルの前面および背面カメラ、およびQualcommのSnapdragon 212で、Microsoftの電話とPCをつなぐ ‘Continuum’ 機能には対応していない。

レドモンド拠点の同社はこの端末を、Windows 10を働く人のポケットに入れるお手頃価格なビジネスフォンと位置づけている ― 「あなたの会社にとって賢い選択」。

しかし、しかし、しかし、しかし…現時点でそれが会社の経費を使う最良の方法かどうかは考えなくてはいけない。

TechCrunchのNatasha Lomasは先月、Windows Phoneが公式に「過去のプラットフォーム」になったことを説明した。Microsoftの電話事業は49%減少し、四半期販売台数は1年前の1050万台から450万台へと落ち込んだ。CEOのSatya Nadellaでさえ、その数字が「2015年7月の戦略変更」以来、減少していることを認めた。

しかし、あれから数週間がすぎ、器量の良い、有能で、財布に優しい発表があった。また一つ、あなたが買わないであろう(なぜならアプリ開発者はユーザー数を気にするし、企業は自分のスマホの持ち込みを認める方向にシフトしている)、買うべきではないWindows Phoneが出た。

MicroosftはSurface Phoneの検討していて、これが最後のLumiaになるという噂がある。それは、同社が一時は独立していたLumiaチームをSurfaceチームに移管したことに基づいている。しかし、Microsoftの権威であるThurrott.comが説明しているように、現時点で新たな業務形態からどんな端末が生まれるかは誰も知らないので、臆測は空論である。

Microsoftを今ここにあるものだけから判断するなら、Lumia 650は良く出来ている、しかしWindows Phoneはほぼ終っている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在350人フォロワーがいます。