ロボット
willow garage
telepresence

SaviokeのRelayロボットはあなたの近くのホテルにも就職するだろう…売れるロボットの一つの典型

次の記事

Slack上に顧客とコンタクトするためのSlackウィジェットを作るSlaask

ホテルの部屋にいるときは、完全なプライバシーが欲しい。だってBaphometを呼び出したり、Firewatchをプレーしているときは、完全な集中力が必要だから、人間に邪魔されたくない。SaviokeがRelayを作ったのも、まさにそのためだ。

Relayを作った連中は全員、ロボット工学のインキュベータWillow Garage出身で、彼らが作ったそのロボットは頭に穴のあるR2-D2みたいだ。今それは、世界中のホテルで宿泊客に食べ物やスナックを届けている。その、配達少年のようなロボットは、チップを要求しない。しかし、熱い料理は運べない。チームはその欠点を、すぐに口にした。

“だから人間のボーイやメイドの職を奪うことはないが、ルームデリバリの一部を人間から取り上げることは事実だ”、とファウンダーの一人Steve Cousinsは語る。“でもRelayはルームサービスはしない*。熱いものを運べないなど、制約がいくつかあるから”。〔*: ルームサービスは本物の給仕の作業もしなければならない。〕

ファウンダーは、Cousinsのほかに, Tessa Lau, Adrian Canoso, そしてIzumi Yaskawa。彼らは、ふつうの人間の役に立つロボットを作りたい、と思った。

“Relayたちは2015年に11000人の宿泊客に品物を届けた”、とCousinsは述べる。“配達距離の総計は3000キロメートルを超えている。マラソンなら、70回以上だ”。

彼曰く、“届けた物でいちばん多いのは、歯磨きだった。ロサンゼルス空港のMarriottホテルでは、ロビーのStarbucksからコーヒーを宿泊客に届けている”。

Screen Shot 2016-02-15 at 11.30.05 AM

Relayは、彼らがまだWillow Garageで勉強しているときに、実用ロボットの課題として考案した。Relayのようなわりとシンプルなロボットは、経時経年変化があまりない、半構造的なスペースに向いている。スマートロボット(電脳ロボット)を作る費用は、オープンソースのRobot Operating Systemなどのおかげで安くなってるから、ヘルパー的なロボットなら、巨額な資金がなくても作れる。

この、ホテル用デリバリロボットは今、世界中のホテルで使われているが、今彼らが考えているのは、歯磨きやコーヒーを運び、宿泊客を定時に起こす“目覚ましロボット”だ。

でも、テレプレゼンスロボットがホテルに滞在するようになったら、RelayがRelayに物を届けるようになり、それがやがて無限ループになり、われわれの空間と時間とそして社会の構造を破壊するだろう。〔もちろんジョーク〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。