500 Startups第15期の多様性データ:33%が女性、15%が黒人、10%がラテン系

次の記事

Instagramにようやく2要素認証が追加

500 Startupsは、概して女性ファウンダーへの投資が得意だ。これまでに、500 Startupのポートフォリオ中、400社以上のスタートアップに、少なくとも1人の女性共同ファウンダーがいた、とMcClureは言った。

前回の500 Startupsデモデーで、本誌は、同アクセラレーターが多様性データを公表した際、人種に言及していないことを指摘した。その第14期は、McClureによると、25%が女性ファウンダーで、39%が海外ファウンダーだった。本誌が独自に数えたところ、壇上のファウンダーの25%か有色人種だった。

McClureが多様性データを発表した後、私がTwitterでこのことに言及すると、McClureはすぐに、そのデータを出さなかったことを謝った。将来はその数値も含めるつもりだと彼は言い、今日まさにそれを実行した。

約束を守ってくれてありがとう、McClureさん。次回は、もし500 Startupsがさらに細かく、黒人とラテン系女性ファウンダーの数値も公表してくれたらなおすばらしい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。