IoT

HomeKit対応のEve Energyは自宅の消費電力を可視化する

次の記事

Apple Pay、中国で2日後にスタート

Elgato「Eve」ブランドの名前でいくつかのスマートホーム端末を制作している。天気空気の状態をトラックするものなどがあるが、今回は自宅の消費電力をモニタリングしてコントロールしたいと思う人向けのプロダクトを発表した。Eve Energy端末は、壁の電源に挿して使い、Bluetooth経由でiPhone、iPad、iPod touchから、それらのデバイスをコントロールすることができる。端末はAppleのHomeKitとも連動し、設定もパーソナライズできる部分が多い。

例えば、HomeKit対応端末(Eve以外の製品を含む)のいくつかをグループに設定すると、1ステップで全てコントロールできるようになると同社は説明する。これにより家のカスタマイズした「シーン」を設定できる。例えば、「エンターテイメントモード」では電気、テレビや音楽を付けるといった具合だ。

これらのシーンはSiriを使って操作することも可能だ。

  1. eve-energy-euus-iphone-en.png

  2. eve-homekit-iphone.jpg

Eve Energyは端末と通信するのにWi-FiではなくBluetoothを使用するのも特徴的だ。この対応はHomeKit対応のスマートプラグの中でも初めてだ。自宅にインターネット接続端末が増えるほど、混み合う自宅のWi-Fiネットワークを圧迫しない端末を購入できる選択肢があるのは嬉しい。また、この端末は通信するのにブリッジやハブを必要としない。

このデバイスの一番の用途は各シーンを起動することではなく、自宅の消費電力を把握することにある。

連動するElgato Eveアプリから、ひと目で消費電力を確認することができる。日、週、月別のグラフで詳細が分かる。Apple TVを持っている場合は、Eve Energyデバイスを自宅にいない時でも操作することができる。リモートアクセスで端末を付けたり、消したり、シーンを起動させたり、自宅の状態をチェックすることが可能だ。

Eve Energyはこれまでヨーロッパで手に入ったが、アメリカのカスタマーも購入できるようになった。本日から49.95ドルで、同社のウェブサイトかAmazonで購入できる。アプリはiTunesから無料でダウンロードできる。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter