一部ユーザーのメールや電話番号を侵すバグをTwitterが修復

次の記事

Facebook、4月よりインスタント記事を全ての出版元に提供へ

Twitterからの今日(米国時間2/17)の発表によると、同社は先週、パスワードリカバリシステムに24時間存在したバグを修復した。その間に1万弱のアクティブアカウントに影響が及んだが、そのバグは、それらのユーザーに結びついているメールアドレスと電話番号を露呈した可能性がある。影響を受けたアカウントには、すでに通知済みである。

Twitterによると、同社はこの件を警察に通報して、このセキュリティバグを悪用して誰かのアカウント情報にアクセスしたユーザーが見つかれば、彼らを取り調べてもらう、という。本誌TechCrunchは今、同社が実際にそうしたのかを、問い合わせ中である。

このバグの影響が及んだのはTwitterの3億2000万のユーザーのごく一部にすぎないが、しかしそれでも、二重認証など、同社が推奨する“良質なセキュリティのための身辺衛生”に、あらためて気をつける契機にはなる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在367人フォロワーがいます。