HPがまた一つ、失敗するモバイル製品を発表した

次の記事

「ゲーム」から「ネット」の人に——グリー元取締役・吉田大成氏の分散型動画メディアは月間3000万再生に成長

HPが、Windows Phoneは死んだというメモを受け取っていないことは明らかだ。HPのPalm Pre 3以来のフラグシップスマートフォンを紹介しよう。HPはこのElite x3を「革命的モバイルプラットフォーム」と呼んでいるが、そうではない。これは、HPの新たな失敗作だ。

HPは、Elite x3のような端末はかつてなかったと言うが、それは明らかな誤りだ。AndroidとMotorolaがAtrixで試している。PalmはPalm Folioでもう少しのところまでやりかけたが、Engadgetに論破された。そして、無数のスタートアップがスマートフォンでデスクトップ体験を可能にする様々なソリューションを提供してきた。そのすべてが、HPの最新モバイルベンチャーがPalmスマートフォンに後戻りしたのと同様に失敗した。

HP Elite x3は、Windows Phoneの最新看板機能”Continuum” のためのフラグシップ機だ。Qualcomm Snapdragon 820プロセッサーは、この端末にモニターをつなぎデスクトップ体験を提供するのに十分なパワーを与えている。売り口上は決して新しくない:Continuumを使えば、ユーザーはノートPCとスマートフォンとタブレットを捨てて、この端末だけを使えばよい。

しかし、Elite x3で動くOSはWindows Phoneであり、あり余るデータがWindows Phoneが急速に無意味になっていくことを示唆している。

先週発行されたある業界レポートによると、Windows Phoneは2015年第4四半期の全世界市場シェアのわずか1.1%しか占めていない。これは2014年の2.2%から下落している。さらに悪いことに、MicrosoftのWindows Phoneの直近四半期での出荷台数は、1年前と比べて57%減少している。同社が四半期中に販売したLumia端末はわずか450万台で、前年同期は1050万台だった。

要するにHPは、あらゆる指標が死につつあることを示しているプラットフォーム上に、同社初の近代的スマートフォンを開発し、発表した。

HPが考えを改める時間はまだある。同社は今回価格を発表しておらず、Elite x3の発売は今年の夏だ ― この製品が発売前にお蔵入りになっても驚きはない。

  1. hp-elite-x3-right-facing.jpg

  2. hp-elite-x3-front-facing.jpg

  3. hp-elite-x3-bottom-with-ports.jpg

  4. hp-elite-x3-left-facing-profile.jpg

  5. hp-elite-x3-top-with-ports.jpg

  6. hp-elite-x3-left-facing.jpg

  7. cardinal_dock_catalog_rear_hr_v1_8bit.jpg

  8. cardinal_dock_catalog_3ql_hr_v1_8bit.jpg

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook