makespace
upfront ventures
投資関連

MakeSpace、簡単に使えるレンタル倉庫サービスで1750万ドルを調達

次の記事

Google、モバイルの検索結果でロードが速いAMP対応ページを優先表示

ニューヨーク拠点のMakeSpaceは、セルフストレージ(小型倉庫レンタル)ビジネスの成長を加速すべく、1750万ドルの資金調達を完了した。

このスタートアップは、従来の貸倉庫に代わる便利なサービスを提供するもので、ユーザーは預けた物を利用するために現地に行く必要がない。MakeSpaceは競争力のある料金を設定し、一切値上げしないことを保証している。

MakeSpaceでは、iPhoneアプリを通じて無料で即日引き取りが利用できる。利用者は品物の写真もアプリで管理することが可能で、選んだ品物を19.99ドルでいつでも配達してもらえる。

「利用者は倉庫まで出かける必要がなく、何を預けたかを忘れることもない」とファウンダー・CEOのSam RoseがTechCrunchに話した。「適正かつ手頃な価格」で「自分のポケットのようにアクセスできる」。

調達ラウンドをリードしたのはHarmony Ventrure PartnersとUpfront Venturesで、シリーズAとシードラウンドの出資者も加わった。現在はニューヨーク、シカゴ、およびワシントンDCでのみサービスを提供しているが、MakeSapceはこの資金を使って新たに5都市に拡大する計画だ。

MakeSpaceは、Public Storageのような貸倉庫ビジネスに代わる近代的サービスを提供することを目指している。チームによると、倉庫業は米国だけで年間270億ドルの規模に達する。

従来の倉庫センターが「Blockbuster Videoなら、われわれはNetflix」とUpfront Venturesの経営パートナー、Mark SusterがTechCrunchに語った。「われわれは優れたサービスを低価格で提供し、この中央集中モデルを根付かせることによって業界を破壊し続ける。Amazonが配送を集中化した時、Barnes & NobleやBordersに何が起きたかを考えてほしい」。

セルフストレージ分野のスタートアップには他に、Box ButlerとBoxbeeがある。

2013年に設立されたMakeSpaceは、これまでに100万ドル以上の資金を、Founders Fund、Carmelo AnthonyのMelo7Tech、Gary Vaynerchuk、その他の投資家から調達している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。