Fintechは金融ビジネスを一変させる―2016年の予測、トップ4

次の記事

YouTubeの新しいツールは動画中の任意の対象にオンラインでモザイクをかけられる

「ユニコーン」〔評価額10億ドル以上のスタートアップ〕やGrexit/Brexit〔それぞれギリシャ、英国のユーロ圏離脱〕に加えて「フィンテック(Fintech)が2015年の金融ビジネスのバズワードのトップ10 にランクインしているという。

しかし他の単語と異なり、フィンテックはこのリストへの新顔ではない。またそれには十分な理由がある。ここ数年でフィンテック企業は金融ビジネスの 周辺からメインストリームへと成長した。フィンテックはテクノロジーを利用して新しい金融プラットフォームを構築しようとしれている。目的は消費者に従来よりも優れたユーザー体験を提供することにあり、消費者反応を示しつつある。

私はフィンテックを利用した金融スタートアップ、CommonBondの共同ファウンダー、CEOとしてこの変化を間近に見てきた。この特等席から見れば、金融ビジネスに根本的なシフトが起きていることが分かる。

今年(またそれ以降)フィンテックが金融ビジネスにどのような影響を与えるかについての私の予測のトップ4は以下のとおりだ。

資本の重要性が増し、最良のプレイヤーに集中する 壮大なアイディア、いくつかのバズワード、よくできたパワーポイントのスライドを武器とした昨年のフィンテック企業には今年も来年以降も資金が集まりそうにない。資本は大量に存在する。しかし誰もがそれを得られるわけではない。信頼性のあるプロダクトの開発に成功し、消費者の信頼を得られるようなブランドを築いた企業には必要とする自然と資本が集中する。

登場しつつあるフィンテック市場では大型の貸し手が優位だ。ビッグ・プレイヤーはますます強くなり、小さい企業は大きい企業の傘下に入るか消え去るかとなるだろう。フィンテックを利用する融資を専門とする企業は200社もあるが、その中で生き残るのはトップ20社程度だろう。これは市場の健全化のためにはいいことだ。

有力テクノロジー企業が金融ビジネスに参入する それがどの企業となるか名指しする用意はないが、 2016年はそういうことが起きてよい時期だ。ファイナンスはわれわれ全員の生活に直接関係を持つ。しかし伝統的なファイナンス企業のテクノロジーは古臭く、現代化への動きは遅い。むしろ消費者の方がテクノロジーの進歩に対してオープンであり、現在かじられている問題点が解決されることを期待している。

The Millennial Disruption Indexのアンケート調査によれば、ミレニアル世代の73%は現在取引している銀行の新商品よりも、Google、Amazon、Apple、PayPal、Squareなどから新しい金融サービスが登場した場合の方がはるかに大きな興味を持つという。

フィンテックの動きは速い。しかもますます加速するだろう。

テクノロジー企業はさらなる成長の道を探しており、同時にわれわれの生活でテクノロジー企業の重要性は増す一方だ。. FacebookやGoogleはユーザーに関する膨大な情報を握っている。Appleは2000億ドル以上のキャッシュを持っている。この金額は金融ビジネスの貸し手側としてすぐにも2兆ドルの資産価値生み出すのに十分だ。

これを伝統的金融ビジネスと比較してみよう。 JP Morgan Chaseグループはアメリカ最大の資産を持つ銀行だが、その価値は2兆6000億ドルだ。金融ビジネスのバックボーンは資本とデータだが、巨大テクノロジー企業にはその双方が高いレベルで存在する。しかもテクノロジーで最先端の能力がある。

伝統的巨大銀行はジリ貧を続けるか、フィンテック企業と提携する おそらくそういうことになるだろう。一部の関係者には不快な驚きかもしれないが、今となれば必然のコースだ。自動運転車とと同様、テクノロジーはすでに存在する。そして市場圧力は何ももってしても押しとどめることはできない。

アメリカでは人口動態上、ミレニアル世代が最大のグループであり、9000万人に達する。若く、しかも購買力も増加中だ。にもかかわらず、ミレニアル世代の71%は「銀行と取引するのは歯科の治療を受けるより不愉快」だとしている。31%は銀行を使わずにすむようになると期待しており、その代わりに巨大テクノロジー企業が金融サービスを提供してくれるだろうと考えている。

ミレニアル世代の71%は「銀行と取引するのは歯科の治療を受けるより不愉快」だとしている

Aそして現に金融ビジネスの市場はその方向に動いている。融資、資産管理、支払などの各分野でProsper、Betterment、Affirmなどの新顔がテクノロジーを武器に市場に参入し、急速にシェアを広げつつある。成功の原因はこうしたスタートアップが伝統的金融機関より消費者のニーズに敏感であり、対応が柔軟で迅速だからだろう。

JP MorganのCEO、Jamie Dimonもこうした事態を非常に正確に認識している一人だ。このことは同グループがスモール・ビジネスへの対応を改善するために最近OnDeck Capitalと提携したことにも現れている。また JP Morganはテクノロジー金融スタートアップのLending Clubのローン、10億ドル分を購入している。

「アンバンドリング」のトレンドは一転して巨大な「リバンドリング」の波に変化するだろう CB Insightsのこのチャートは私のお気に入りだ。Wells Fargo銀行のホームページのスクリーンショットに、学資ローンから保険や資産管理まで、伝統的金融ビジネスのあらゆる部分を代替しつつあるフィンテック企業のロゴが無数に重ねられている。このトレンドは一般に銀行業務の「アンバンドリング〔個別機能への解体〕」として知られている。

しかし私自身はこの「巨大なアンバンドリングの波」は、テクノロジーを統合の力として、今後は「巨大なリバンドリングの波」に逆転するだろうと見ている。一般にフィンテック企業はもっとも得意とする単一の業務に特化してスタートする。

フィンテック企業が特定分野で成功したした後、他分野に水平に業務を拡大するとすれば、それが「リバンドリング」だ。フィンテック企業のリバンドリングは、うまく実行されるなら、伝統的銀行よりも消費者の期待によりよく応えられると思われる。その理由の大きな部分は、消費者のニーズを重視する点に加えて、優れたテクノロジーをシームレスに活用できる点にあるだろう。

フィンテックの動きは速い。しかもますます加速するだろう。そして勝者がますます強くなる年になる。しかしこれは消費者も含めて金融市場にとって良い方向だろう。

Featured Image: Innershadows Photography/Shutterstock

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。