venture-for-america
detroit
property management

これまで意外になかった、テクノロジー活用の近代的/現代的な不動産管理サービス、Castleがその先駆けを目指す

次の記事

モバイル動画広告のFIVEがアイ・マーキュリーやEast Venturesから資金調達、直近3カ月の動画視聴は7億回超に

不動産管理は、テクノロジーと顧客サービスと透明性の点で、合衆国経済の中では遅れている業界のひとつだ。

Y Combinatorの2016冬季クラスから巣立ったCastleは、同社の自動化不動産管理プラットホームで、この業界を近代化/現代化しようとしている。

このサイトは、不動産管理の難しい部分のすべてを、まとめて面倒見る。物件リスティング、マーケティング(土地、貸家、アパートなどの)、テナントの選別、賃貸料徴収、そして資産のメンテナンスなど。それらを使いやすいインタフェイスにまとめ、しかも1990年代ふうの古臭いデザインにはしない。

不動産管理という仕事を構成するすべてのサービスを、Castleはどうやって、一つのプラットホームにまとめることができるのか? それは主に、テクノロジーとオンデマンドの人力を組み合わせることによって、だ。

たとえば、Castleに新たな不動産が加わると、それは自動的に40あまりのリスティングサイト(不動産仲介物件リスト)に載る。そしてそれをいよいよ、借り手に対して開示することになると、オンデマンドで時給制の財産管理人たちが、物件を借り手に見せる、最終的に鍵を渡す、などの対人業務を担当する。

Castleは、収益化の方法も独特だ。これまでの不動産管理企業は賃貸料のパーセンテージを取っていたが、Castleの利用料金は物件一件につき月額79ドルという定額制だ。

Castle - all

同社はデトロイトでローンチし、ファウンダーのMax Nussenbaum, Scott Lowe, Tim Dingmannの三人は、Venture for Americaというフェローシップ事業により抵当流れのマンションを買った。

そのとき彼らは、入手したマンションという不動産の管理やマーケティングを、既存の不動産管理企業に安心して任せられない、と感じた。そこで、Castleが生まれた。

Castleプラットホームは今ではデトロイトの不動産保有者たちを顧客にして、事業を展開している。もうじき、合衆国のそのほかの都市にも進出したい、と彼らは言っている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa