脳刺激を使ってマトリックスのように瞬間学習する方法が開発された

次の記事

バイデン副大統領、国のがん撲滅イニシャティブの革新を求めてシリコンバレーを訪問

カンフーをご存じだろうか。HRL Laboratoriesの研究者チームは、経頭蓋直流電気刺激を使って、民間および軍事パイロットの脳活動を初心者パイロットの頭に送り込むことによって、リアリスティックなフライトシミュレーターで被験者が飛行技術を学べることを発見した。

研究チームは、「電極を装備したヘッドキャップを通じて脳刺激を受けた被験者は、飛行技術が改善された」と言っている。

「脳刺激プロトコルの最適化、個人化、および適応に関する理解が深まるにつれ、この技術を訓練や教育の場で定型的に利用できるようになることがわかった」とMatthew Phillips博士は言った。「脳刺激は運転教習や学力テストの予備校、言語学習等のクラスにも適用が可能だ」。

HRL LaboratoriesはBoeing ComapanyとGeneral Motors傘下の組織で、センサーと材料の研究を行っている。この技術は商用レベルにはまだ遠いが、脳に活を入れることで、何トンもある非常に特殊な目的を持つ輸送機械の飛ばし方を教えることができるなら、私は少し怖いと同時に大いに興味をかきたてられる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在393人フォロワーがいます。