Eduardo Saverin
india
Velos Partners

インドのママ向けEコマース、Hopscotch、Facebook共同ファウンダーのエドゥアルド・サベリンのリードで1300万ドルを調達

次の記事

Microsoft、Windows 10の「侵入後」セキュリティーツールを発表

Hopscotchはママたちをターゲットにしたインド拠点のEコマースサービスで、Diapers.comの元幹部らが設立した。このほどシリーズCラウンドで1300万ドルを調達し、リードしたのはFacebookの共同ファウンダー、Eduardo Saverinだった。

SaverinはFacebookの立ち上げに関わったことでその名を知られたが、2005年にMark Zuckerbergが彼の持ち株を希薄化した時に終った。それでも、彼の持ち分(とおそらく税金)は、米国籍を捨てシンガポールに渡る決断をするには十分だった。彼は当地で、FacebookのIPO以前に、結婚して家庭をスタートさせた。

このところのSaverinは、メディア嫌いのアクティブなスタートアップ投資家で、女性および家族に焦点を当てたEコマースに特に関心を持っている。最近では新たにOramiと名前を変えた東南アジアのHopscotchと同じ分野のサービスに投資しており、今回は彼にとって初めてのインド拠点企業への個人出資を経てHopscotchの取締役に就任した。Saverinは以前、Velos Partnersのファンドを通じてHopscotchに投資していた。

Hopscotchは、2012年にハーバードビジネススクールの同窓生、Rahul AnandとLisa Kennedyの2人が設立し、2015年1月のシリーズBで1100万ドルを含め、今日までに1300万ドルの資金を調達した。

女性は強力な消費者グループであり、インドにEコマースが定着して以来、多くの企業が彼女らの注目とお金を奪い合っている。ライバルのいくつかは、例えばFirst Cry(5500万ドルのようにHopscotchよりも多額の資金を調達しているが、かつてDiaper.comで働いていたAnandは昨年インドの有力情報サイト、TechCircleに対して、われわれはひるまない、「最も利益率の高い」サービスになることが目標だと語った。

設立メンバーの経歴にもかかわらず、Hopscotchはおむつやその他オフラインで容易に手に入る商品は販売していない。インタビューの中でAnandは、いかに戦略がインドにローカライズされていなければならないかを説明した。

他のサービスで問題なのは、Diapers.comをやみくもに模倣し、なぜ米国で成功したかを理解していなかったことだ。同社が米国顧客に対して成功したことは、インド顧客には通用しない。これはインドの主要都市では、ほぼあらゆる商品をオフラインの “kirana” ストアから、電話一本で注文できるからだ。そのため、競争に勝つ唯一の方法は利便性ではなく、価格だ。

Hopscotchは、業績について多くを語っていない。売上は対前年比700%増だと言っているが実際の数値は、現在インドおよび海外ブランド3000社の商品を扱っていることだけだ。同社は現在求人中で、新社屋への移転を完了したと言っている。

「Eduardoを取締役会に加えられたことを喜んでいる。インドのママたちに子供たちにとって最良のものを届けられるよう共に努力していきたい。彼のはかり知れない洞察と経験は、投資家として彼を迎えられたことの価値を再認識させるものだ。この発表は、Hopscotchがママたちの象徴的目的地になるための道の新たな道標となる」とAnandが声明で言った。

Saveriも強気で、「Hopscotchは顧客中心のアプローチを取っており、その結果記録的に高い顧客維持率を達成している。今後もママたちに最高の商品を届け、すばらしいオーダーメイド体験を提供し続けることができれば、Hopscotchはインドのママたちの最終目的地になるだろう」と語った。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook