コンテナ
Conductant
Startup company
free software
docker

DockerがAuroraによるオーケストレーションサービスのConductantを買収、「運用経験は良質な開発のベース」

次の記事

ネットメディアの次の一手は?キュレーションは量から質へ、分散型メディアはゆるいコミュニティー形成に注力

Dockerが今日、オーケストレーションを専門とする小さなスタートアップConductantを買収した、と発表した

Conductantを知らなかった人がほとんどだと思うし、そもそもWebサイトも外部資金の導入経験もまだない企業のようだが、この買収でDockerは相当数の人材を獲得することになる。

Conductantは、Bill FarnerとDavid Chungがファウンダーだ。TwitterにいたときFarnerのチームは、のちにApache Auroraとなるプロジェクトを作った。AuroraはMesosをベースとするスケジューリングシステムで、後者は個々のサーバーを抽象化することによって、デベロッパーやアドミンがクラスターの集合を単一のマシンのように扱えるようにする。Auroraは現在、Twitterなど多くの企業で、そのマシン群のオーケストレーションを担当している。

FarnerとChungとJohn SiroisがDockerに加わる。このチームは、GoogleやTwitterやZyngaで、大規模なミッションクリティカルシステムの構築と運用を長年経験している。

image00-1024x576

Dockerによると、チームはAuroraの商用ディストリビューションを作る仕事を担当する(それはMesosphereなどと競合することになるだろう)。また、AuroraをDocker Swarmに統合する。さらに今後は、AuroraをDockerスタックのコンポーネントとして統合することを目指す。

本誌がもらった内部メモによると、Farnerのチームはほかにも、Dockerの内部的なシステムをいろいろ手がけるようだ。その中には、Dockerの社員一人一人にDockerベースのサンドボックスを与え、個別にAWSのアカウントを持たなくてもよいようにするプロジェクトもある。これをやることを通じてチームは、上述したメインのプロジェクトの一部をドッグフード(dogfood, 毒味)していく。買収が公式に完了するまでの数週間、彼らはすでにそういうことを、やっていたようだ。

“このプロジェクトによって弊社は、Docker DNAの基本的な部分を強化していく。弊社はつねに、自分たちのソフトウェアの運用のプロでもなければならない”、と内部メモには書かれている。“Dockerの誕生も、まさにそのようにして行われた: Dotcloudにおける運用の経験からDockerは生まれたのだ。このように、開発(dev)と運用(ops)のあいだには善循環があり、そのことは、弊社がインフラストラクチャソフトウェアのベンダとして信頼されるための、不可欠の条件だ”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。