Skybox
Satellites

Googleが人工衛星製造打ち上げのSkybox ImagingをTerra Bellaと改名、画像分析もレパートリーに

次の記事

Tovalaは、調理済食品を完璧に加熱するスマートオーブン

Googleは2014年に、人工衛星を作って打ち上げるSkybox Imagingを買収したが、今日(米国時間3/8)同社はその名前をTerra Bellaに変えた、と発表した。名前を変えただけでなく、同社によると、小型の画像用衛星を軌道に打ち上げるだけでなく、得られた画像の分析にもこれからは力を入れていく、という。

SkyboxのファウンダーDan BerkenstockとJohn FenwickとChing-Yu Huは、今日、こう声明している: “衛星技術の開発に指導的な役割を果たしてきたことを誇りに思うが、われわれのビジョンが空に箱を打ち上げるだけには終わらないことを、最近では理解している。Googleがオンラインの検索に革命をもたらしたように、われわれはこれから、物理的世界に変化のパターンを探すことの、パイオニアを目指したい。未来へしっかりと焦点を合わせるために、われわれのこの新しいビジョンを、新しい名前—Terra Bella—のもとに追求していきたい”。

Terra_Bella_Logo

ファウンダーたちによると、今の彼らはGoogleのそのほかの地理空間的データソースや機械学習の能力にアクセスできるから、同社も単なる原始画像の取得提供に終わらないサービスを提供できる。ただし、それがどんなサービスであるかは、これからのお楽しみだ。同社のチームとGoogleのスポークパーソンは、数か月後にはさらにニュースを提供できると思うので、今後も引き続きご注目をお願いしたい、とだけ言っている。

なお、チームはTerra Bellaになっても、画像解析だけに専念するわけではなく、スペースクラフトの製作は続ける。今すでに10数基の衛星を作っており、それらは今後二年以内に打ち上げるそうだ。

lab4

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。