genetics
biotechnology
DNA

1000ドル以下で、あなたの全ゲノム配列をスマートフォンで見られる

次の記事

‘すべての児童生徒をテクノロジー・リテラシーにしたい’、littleBitsの新教材キットをニューヨーク市教育局が採用

Veritas Geneticsは、2015年にヒトの全ゲノム配列を1000ドル以下で解析する会社の一つとなった。このたび同社はそれを一歩進め、ゲノムの解析結果をスマートフォンアプリに配信する。

これがどれほど進歩的かといえば、2001年に初めて人間の全ゲノム配列を決定した時には37億ドルを要したことを考えてほしい。2007年になって初の商用ゲノム解析が、はるかに少ない金額で利用できるようになったが、価格は35万ドルだった。

ヒトの全ゲノム配列を1000ドル以下で、というのは科学コミュニティーの間で一種のキャッチフレーズになっていた。殆どの消費者向けDNA会社は、遺伝子パネルを使って未だにDNA内の一部の配列しか提供していない。例えば、23andMeを使えば、遺伝子パネルから約60種類のテスト結果を得ることができる。

mygenome-03-main-picしかしVeritasによると、myGenomeは999ドルで、全配列データをスマートフォンに届けることができる。料金には、テスト結果に加えて、それが健康に与える影響を解折するためのカウンセリングも含まれている。

乳がんやパーキンソン病の遺伝性素因を持つ人は、結果を見て対策のための行動を起こすことが可能た。例えば、アンジェリーナ・ジョリーは、母親と同じ乳がん遺伝子BRCA-1を持っていることを知り、発症する前に両乳房を全摘した。

ハーバード大学の遺伝子の先駆者、George Churchがこの会社を共同設立し、昨年ハーバード医学校のパーソナル・ゲノム・プロジェクト(PGP)で、協力者5000人に初めて全ゲノム配列を提供した。

Churchは、この価格設定と利用しやすさが、ゲノム配列の新たな標準を作ると信じている。「今や全ゲノムはこれほど身近になり、あらゆる遺伝子検査に取って代わる…なぜなら、このすべてが遺伝子テストであり、さらにまだまだ多くのことに利用できるからだ」とChurchは言った。

これまでの進歩で儲けようとしている一部の会社にとっては問題となるかもしれない。過去に遺伝子業界は、健康状態に関する検査結果を提供したことで政府とトラブルになった。中でも最大だったのが23andMeで、業務を中断し、特定の健康状態に関する結果を提供するために、数年かけてFDAの認可を取得しなくてはならなかった。

Veritasは、検査をCLIA(臨床検査改善修正法案)認定施設で行い、ゲノム配列を決定する前に医師の指示を必要としているため、その点は問題ないだろうがそれでも、どんな問題が起きるかわからない。

人間の遺伝子を修正することは未だにできないが(少なくとも米国内で合法的には)が、行く末は想像できる。自分のDNAの解析結果を低価格で利用できるようになれば、世間からの要求が高まり、遺伝子工学医療を阻止している法律を変えるかもしれない。

これが映画『ガタカ』の暗黒的シナリオにつながると考える人もいるだろうが、この種の技術がもたらすものによって救われる命、改善される生活に私は期待している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook