Yandex
Europe

Google、ロシアのAndroid反トラスト訴訟で上訴に失敗

次の記事

ParaZero SafeAirはドローンを軟着陸させるパラシュート―完全自動でバッテリー切れにも対応

Googleはロシア法廷で、同社のモバイルOS、Androidに関わる反トラスト法裁判の上訴に敗れた(via Reuters)。

Androidに対する競争に関わる告発は、2016年2月に現地の企業、Yandex ― 別名「ロシアのGoogle」 ― が起こしたものであり、GoogleのAndroidの契約が、Google Playアプリストアを利用するために、様々なGoogleサービスを端末にプレインストールすることを要求していることは、競争原則に反すると訴えていた。

当初の裁定は、ロシアのFAS(連邦独占禁止局)が昨年9月に下した。Googleは決定に異議を唱え上訴したが、今日、モスクワ仲裁裁判所は同社の訴えを退け、Googleの慣行は「他社アプリのプレインストールを阻止する」ことつながりロシア法を破るとした、FASの判決を支持した。

今後Googleは、ロシアでのOEM契約を裁定に従うよう修正する必要がある。

Google広報に、上訴に敗れたことへの対応について尋ねたところ、「判決文を見ていないのでコメントできない」と語った。

Yandexの広報は、「Googleの反競争的慣行についてあらゆる事実を慎重に検討した結果、法廷はFASの判決を支持した。われわれは、Googleに対するFASの決定を法廷が支持したことに満足している」と語った。

この反トラスト裁定は、ロシアにおけるGoogleのAndroid関連事業にのみ適用されるが、欧州競争委員会もヨーロッパのAndroidに対する同様の告発を検討している ― 過去に同社の検索比較慣行を調査したこともある。

昨年10月、ヨーロッパの反トラスト委員長、Margarethe Vestagerは、Google Android調査について、部門内での「優先順位は高い」と語った。

当時の原告は、GoogleがAndroidプラットフォームの圧倒的支配力を「トロイの木馬」のように利用して自社サービスの採用を進め、競合アプリ ― Googleのアプリやサービスと異なりユーザーが発見してダウンロードする必要がある ― を占め出していると言っていた。

アナリストらはAndroidのスマートフォン市場の世界シェアを80%前後と見ており、AppleのiOSが大差の2位 ― これがスマートフォンユーザーがどのアプリやサービスを発見するかを事実上支配する強大な力をGoogleに与えている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。