ついにマーティーと同じ自動靴紐締めスニーカーが手に入る!Nikeが新作「HyperAdapt 1.0」を発表

次の記事

Google、近くモバイル検索をアップデート―サイトのモバイル対応がますます重要に

ついに来た!マイケル・J・フォックスが昨年10月のバック・トゥ・ザ・フューチャーの日に試してみせた自動で靴紐を締める「Nike Mags」 だが、ついにNikeがこの自動靴紐スニーカーをマス向けに生産すると発表した。

それがHyperAdapt 1.0だ。

本日のNike Innovation Summitで、Nikeが開発した「アダプティブ・レーシング(自動靴紐)」技術を搭載した初のスニーカーHyperAdapt 1.0を発表した。アダプティブ・レーシングはNikeスニーカーの全く新しいプラットフォームになる。

  1. fy16_inno_snowcap_white_hero_v2_0043_original.jpg

  2. 20160315_fy16_inno_snowcap_silver_hero_0029_original.jpg

  3. 20160315_fy16_inno_snowcap_white_hero_0058_original.jpg

  4. nike_earl_profile_original.jpg

    Nike Innovation Summit 2016
  5. fy16_inno_snowcap_v2_hero_rt_noearl_v1_original-2.jpg

つまりいつかNikeのJordanにもAir MaxにもFlyKnitにも、この「アダプティブ・レーシング」プラットフォームが搭載される日が来るかもしれないということだ。

ちょっと先を急いだみたいだ。まずはこのスニーカーの機能を見てみよう。

ローンチ発表でNikeはこのスニーカーについてアスリートの良くある悩み「集中力が途切れる」ことを減らすとした。

そして履く時間を削減するため、スニーカーに足を入れるとすぐに靴紐が自動で締まる。

「かかとがセンサーに当たると、システムが自動で締まります」とこのプロジェクトの技術を担当するTiffany Beersは言う。「横にボタンが2つ、締めるのと緩めるために付いています。履心地を完璧にするために調整できます」。

このスニーカーは2016年ホリデーシーズン中に発売し、色展開は3色だ。価格はまだ公表しないが、Nike+のメンバーしか入手できないという。 Nike+はNikeのプロダクトやイベントなどの情報が詰まったオールインワンアプリだ。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在349人フォロワーがいます。