Apple TVにフォルダー、音声入力、Live Photo機能がアップデート

次の記事

iPad Airの後継機は9.7インチiPad Pro―Appleの考えるコンピューターの未来

Appleは本日、Apple TVのプラットフォームにいくつか機能をアップデートしたと発表した。フォルダー、音声入力機能の追加、iCloudフォトライブラリーのLive Photo対応、App StoreのSiri対応などだ。

またAppleのCEO、Tim CookはApple TVで利用できるアプリの数が5000個以上になったと発表した。BrainPOP、GrubHub、HBO Nowや運動のためのアプリなどいくつかステージで紹介していた。

最も興味深いアップデートは音声入力機能の追加かもしれない。Apple TVのリモコンも結構良くできているのだが、タイピング入力のために作られたものではない。今回のアップデートで、Apple TVに音声でテキストを入力することができるようになる。最も重要かもしれないのは、ユーザーネームやパスワードの入力でも音声が使えることだ。Cookは「本当に気に入って頂けると思います」と語っている。

Apple TVにも搭載されている、Appleの音声駆動テクノロジーSiriもでアップデートした。大きな進歩ということではないが、App Store内をSiriを使って検索することができるようになる。

フォルダーについては、きっと読者の想像通りの機能だ。スマホと同じようにアプリをフォルダーに入れて整理することができる。前のバージョンまでApple TVにフォルダーはさほど必要なかった。利用できるアプリがそもそも少なかったのだから。しかし、アプリストアに5000個のアプリがあるなら、これから必要になってくるだろう。

これらのアップデートの他に、Apple TVのiCouldフォトライブラリーがLive Photoにも対応する。

Appleは、本日からこれらの機能を展開すると伝えた。

【今回のAppleの発表関連記事】

3分で分かるアップル発表:iPhone SEやiPad Pro 9.7型、Watch値下げなど
お待ちかねのiPhone SEが発表、昔みたいに手に収まる4インチ
iPad Airの後継機は9.7インチiPad Pro―Appleの考えるコンピューターの未来
iOS 9.3、今日からダウンロード可能―夜間モード追加、ヘルス、CarPlayなど強化
Apple、新しいApple Watch用バンドを披露。ウーブンナイロン製も
これが古いiPhoneを解体するAppleのリサイクルロボ「Liam」の全貌だ
Apple、個人向けヘルスケアアプリ開発の新ツール「CareKit」ローンチ

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter