小さくなったiPad Proをさっそく使ってみた(ビデオ)

次の記事

飛行機やバス旅行の睡眠を最適化&快適化するポータブル枕WoollipはKickstarterで30ドル

既存プロダクトの改良版についての話が主だったこともあり、本日のAppleイベントについて少々さびしく感じた人はいるかもしれない。しかし、いろいろなプロダクトが小型化するという噂はまさに本当だった。もっとも多くの注目を集めたのはiPhone SEだったかもしれない(ファーストインプレッションはこちら)が、デザイナーやアーチスト、ないしApple Pencilの可能性に興味を持つ人たちにとっては、新しくなって小さくなったiPad Proこそ、もっとも注目したくなるデバイスだっただろう。

O92A1521

イベントのさなか、TechCrunchの編集長であるMatthew Panzarinoがさっそく新iPad Proを使ってみたので紹介しておきたい。動作の様子については冒頭のビデオを見ていただくこととして、特徴的なスペックについて列挙しておこう。

  • 画面サイズは12.9インチから9.7インチとなった。
  • 内部パーツについては従来のiPad Proをもとに、新しいものも若干加えられている。
  • 4つのセンサーを備えたTrue Toneディスプレイを搭載していて、周囲の状況に応じたカラー調整が行われる。
  • これまでで画面反射がもっとも低く抑えられていると同人に、もっとも明るいディスプレイとなっている。
  • 「Hey Siri」機能に対応するとともに、もちろんApple Pencilにも対応している。
  • キーボードなどとの接続にはSmart Connectorを採用。
  • 小型化して、高い携帯性をもたせることでコンピューティングの未来を切り開く(Appleの発表より)。
  • カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色。
  • 価格は599ドルからで、新しく用意された256GB版は899ドルとなっている。

iPad Pro 9.7 - Smart Keyboard - 3

上のビデオで、小型iPad Proの使い勝手を多少なりとも感じてもらえるとおもう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H