Googleフォトがいっそう賢くなった―ベストショットを選んで自動的にアルバムを作成

次の記事

Spotify、音楽ストリーミングのアジア拡大を再開—今月末にインドネシア、次は日本

今日(米国時間3/22)、Googleフォトに便利な機能が追加された。Googleでは「いっそうスマートなアルバム」と呼んでいる。ユーザーがイベントや旅行で一連の写真を撮ると、Googleがユーザーの代わりにベストな写真を選択してアルバムを自動的に作ってくれる。旅行先で撮った写真であれば位置や自宅からの距離などの情報も含まれるのでどこで撮った写真か忘れる心配はない。

という機能がどこかで聞いたことがあると思うなら正解だ。Googleフォトの左サイドバーからアクセスできる「アシスタント」メニューにはすでにほぼ同様の機能がある。自動的にアルバムを作ってくれる。またGIF式のアニメ、組写真、ストーリーなどもサポートされている。新しいアルバムはこのストーリーを置き換えるものになる。Google Photosは機械学習能力で良く撮れた写真を選ぶ。フォトはまた写真のジオタグなどのメタデータを読み込み、さらにコンテツ、撮影された場所、ランドマークなどを認識する能力がある。

アルバムが作成されると、Googleはユーザーにテキストで写真にキャプションを加えるなどのカスタマイズを勧める。

ユーザーの友達がアルバムに写真を追加することも可能だ。共同アルバムはFacebookがスマートフォンのMomentsアプリでサポートしている同種の機能のライバルになる。12月に発表されたこの機能で、Facebookの写真がMomentsで共有できる ようになった。

自動作成されたアルバムで足りなければ、ユーザーはマニュアルで独自のアルバムを作成することもできる。既存のアルバムに必要な写真、テキスト、位置を示すピンを表示した地図など必要な情報を追加して友達と共有できる。

新しいアルバムは今日からAndroid、iOS、ウェブで公開される。

〔日本版〕訳者の環境(Windows 10)では、GoogleフォトをGoogleドライブから開いた場合と、フォトを直接開いた場合では表示が異なり、ドライブから開いた状態ではフォトのサイドバーのメニューは表示されない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在396人フォロワーがいます。