Tenable Network Security
BMC
splunk

GoogleがSplunk, BMC, Tenableとパートナーしてハイブリッドクラウドのセキュリティをアップ

次の記事

GoogleがクラウドモニタリングツールStackdriverを改造してAWSとGoogle Cloudの統一的なビューを提供

IBM, Cisco, それにMicrosoftなどはこのところ、ハイブリッドクラウドを採用している企業向けのサービスを拡大しているが、そのバスに乗り遅れたくないGoogleは今日(米国時間3/23)、市場での地位を今よりも前進させるための、さまざまなパートナーシップを発表した。具体的には、GoogleのクラウドプラットホームとAWSの両方にまたがるITオペレーションを管理するためのプラットホームGoogle Stackdriverが、SplunkBMC、およびTenable統合して、IT opsなどの領域におけるセキュリティとコンプライアンスの向上を助ける。

ハイブリッドクラウドでは、エンドユーザーが複数の多様なコンピューティング環境をひとつにまとめて運用していることが多いから、サービスの拡張をサードパーティとのパートナーシップで行うのは、むしろ理にかなっている。

GoogleのクラウドプラットホームのプロダクトマネージャーDeepak TiwariとJoe Corkeryはこう語る: “サードパーティによるリッチなopsソリューションを統合することは顧客にとって重要であり、また顧客たちの多くがすでに、プライベートやパブリックなクラウドにおけるハイブリッドなオペレーションを管理するために、これらのツールを利用している”。

Splunkの統合は、それを使うためにユーザーがSplunk Enterpriseの登録ユーザーである必要がある。それらのユーザーにSplunkは、GCPのトラフィック上のインサイトを提供する。とくにそのセキュリティ情報機能とイベント管理機能(Security Information and Event Management(SIEM))がGoogleのPub/SubメッセージングAPIで統合され、データを複数のアプリケーション間でルーティングする。

同じくBMCの統合も、BMCのユーザーに、すべてのアプリケーションを管理する能力を一つのウィンドウで与え、セキュリティとコンプライアンスをモニタする。

Tenableの統合は、そのSecurityCenter Continuous Viewプロダクトが中心だ。GCPユーザーはそこで、どのアプリケーションやデバイス、あるいは人間が今このネットワークにアクセスして仕事をしているか、をモニタできる。SecurityCenter Continuous Viewは、オンプレミスとクラウドの両方の環境で使える。

一般的にこういうやり方は、サードパーティのプロダクトにとって、ビジネスを拡大する方法の一つでもある。ここではSecurityCenter CVをインストールしてGoogle Cloud Platformの中でサービスアカウントを作り、Tenableのサービスアカウントにパーミッションを割り当てる。あるいはPub/Subメッセージングを使ってもよい。


 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在349人フォロワーがいます。