touchscreen
Surface Hub

度重なる遅れを経て、Microsoftが2万2000ドルのSurface Hubをようやく出荷

次の記事

医師専用SNS「Whytlink」を展開、リーズンホワイが総額1.6億円を調達

もしあなたが、84インチの巨大4Kタッチスクリーンコンピューターを探しているなら(かつそのために2万2000ドル用意しているなら)、今日はいい日だ。度重なる遅れを経て、今日Microsoftは、Surface Hubを企業顧客向けに販売開始した。

Surface Hubは、巨大84インチ版と、小さくて比較的求めやすい8999ドルの55インチHD版がある。どちらもスタンドが必要で、84インチモデル用のキャスター付きスタンドが3699ドル、55インチ用が2350ドルする(壁に直接マウントするならもっと安くてすむ)。

Microsoftは当初、このWindows 10ベースのSurface Hubを1万9999ドルと6999ドルに設定していたが、後に価格を上げた

Microsoftが販売するSurface Hubは、同社が2012年に買収したPerceptive Pixelの技術に基づくもので、対面あるいはビデオ会議の両方で協業に利用できる新しいツールだ。

「初期のSurface Hubのビジネスパートナーたちは、Surface Hubを使うと協業の効率がよくなることを確信している」とMicrosoftのデバイスマーケティングGM、Brian Hallが今日書いた。「それが、われわれがSurface Hubを作った理由だ。[…]Surface Hubによって人々が協同で作業をおこない、新しいやり方を創造し学習するようになるところを見るのが楽しみだ」

Surface-Hub

Microsoftによると、すでにいくつかの企業がSurface Hubを使って、「人々が共に働き、顧客を引きつける方法を改善」するやり方を探求している。

もらろん、2万ドルはどの企業にとっても大きな投資なので、MicrosoftはForresterと協力して、 総合的経済影響調査を実施した。この調査結果は、ビジネス環境でSurface Hubを利用すると「デバイス配布および管理費用、印刷およびデバイス購入費用の削減と販売改善により、85万ドル以上(3年間の正味現在価値)」の利益をもたらすというものだった。もちろんこれは、眉に唾をつけて聞く必要がある。何しろMicrosoftが委託した調査なのだから。しかし、もしあなたがこれを買う必要があると幹部を説得する必要があるなら、会議にはこのレポートを持って臨むべきだ。

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。