デベロッパー
msbuild2016

Build 2016で驚きの発表―Microsoftはこの夏Windows 10でBashシェルをサポート

次の記事

Pinterest、「How-toピン」なる新たなリッチピンを導入。サイト滞在時間の大幅拡大を狙う

Microsoftは今日(米国時間3/30)のBuild 2016カンファレンスで多くの重要な発表を行ったが、その中で驚きのニュースがあった。

GNUプロジェクトのBashシェル(Bash=Bourne Again SHell)がWindowsに移植される。このシェルは長年Linuxの各種ディストリビューションとOS Xの標準シェルだった。 一方Microsoftは独自のPowerShellをコマンドラインの標準シェルと位置づけてきた。

いちばん重要な点は、WindowsでBashが使えること以上に、これまでデベロッパーが書いてきた膨大な .sh BashスクリプトがWindowsでも作動するようになったことだ。同時にBashスクリプトをEmacsで編集できるという点も見逃せない。なおMicrosoftはこの発表に関連してWindows 10にLinuxサブシステムを導入すべく〔Ubuntuのデベロッパーである〕Canonicalと協力していることを発表した。

「バーチャル化やエミュレーションなしにフル機能のUbuntu環境がWindowsネーティブで利用できるようになることは、〔コンピューティングにとって〕伝統的にありえないとされてきた決定的な一歩だ。これによってWindowsにとってまったく未知の領域への扉が開かれる」とCanonicalのファウンダー、Mark Shuttleworthは今日発表された声明で述べた。「フリーソフトウェアを最大限の多数のオーディエンスに届けるというわれわれの当初からの目的にとっても、この進展は考えていないものだった。今やMicrosoftはUbuntu for Windowsにコミットしており、Canonicalはこれを歓迎する。Windowsのデベロッパーはこの驚くべき方法によりLinuxの世界を探検できる。われわれ自身も予期しなかった事態の進展によ、り広大な可能性が開けてきた」とShutleworthは付け加えた。

O92A2876

今回のMicrosoftの動きは、Windows以外のプラットフォームもターゲットにするデベロッパーにとってWindowsをよりよいOSに改良するという効果がある。MicrosoftのCEOがサティア・ナデラに交代して以後、同社はWindowsだけでなく、それ以外のあらゆるプラットフォームとそのデベロッパーをターゲットする方向に一挙に舵を切った。

数年前ならMicrosoftがWindowsのライバルであるLinuxオペレーティング・システムと、たとえわずかでも関係を持つなどということは可能性する考えられなかった。しかし今やMicrosoftはLinuxをAzureでサポートしており、自社の独自テクノロジーを数多くオープンソース化している。また家宝ともいうべきSQLサーバーソフトをLinuxにポーティングする計画だという。

Bashはこの夏に予定されているWindows 10の1周年記念アップデート(Anniversary Update)でリリースされる。ただしWindows Insiderプレビュー版のユーザーはその前に入手できる。また将来の計画として、MicrosoftはBash以外のシェルもWindowsに移植する予定だとしている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+