Apple vs. FBI
Apple
FBI

どうぞどうぞ、いいですよ、FBIがアーカンソーの検察のためにiPhoneのアンロックで協力

次の記事

分解レポートでわかったOculus Riftの修理しやすいデザイン

数日前まで、暗号化されているiPhoneを前にして途方に暮れ、助けを国(司法)に求めていたFBIが、今では寛大にも、アーカンソー州の検察官に、iPhoneとiPadのアンロックをお手伝いしましょう、と申し出ている。AP通信の記事が、そう述べている。

本誌はTechCrunchはその検察官のオフィスに詳細を問い合わせたが、現時点で得られる情報は乏しい。しかしそのタイミングは、偶然ではないはずだ。これまで何か月も、できないできないと言い続けてきた(そして協力を拒否しているAppleは国の安全を危険にさらしていると主張し続けてきた)FBIが、そのiPhoneへのアクセスに成功したと発表したのは、わずか二日前の月曜日だ。

アーカンソーの事件は、二人のティーンエイジャーがカップルを殺した、という殺人容疑だが、検察は火曜日(米国時間3/29)に、iPhoneとiPadをアンロックする支援を求めるために公判の延期をかちとった。それは、弁護士たちも月曜日までは可能であると知らなかったことだ。驚くべきことにFBIは、その翌日に支援に合意した。Faulkner郡の検察官Cody Hilandが、AP通信にそう語っている。裁判所の文書によると、それらの証拠物件には“Snapchatへの手紙”一件、10ページぶんのメール、100ページあまりの“Facebookの記録”があるので、被告のデジタルの足あとは必ずしも空白ではない。

FBIによるアンロックが、求めに応じてこんなに気軽に行われるのなら、暗号化されている電話機への法執行機関によるアクセスには制限を設ける、とする司法省の談話と深刻に矛盾する。

まだ機種等の詳細は明らかではないし、FBIによる助力提供の厳密な法的性質も定かではない。法廷と検察官のオフィスと弁護側のファイルとボランティアたち(と本誌の質問)から、さらなる情報が得られるまでは、すべてが雲を掴むような話だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))