Tesla、低価格のModel 3を今夜発表。ライブ中継あり

次の記事

MicrosoftがSkypeのSDKを発表、ウェブやモバイルアプリに通話機能を実装できる

2年にわたる噂と蔓延する憶測を経て、Teslaが今夜、Model 3のベールを剥ぐ。

目標価格が政府補助前3万5000ドルというModel 3は、Tesla初の、Model Sに7~10万ドル、あるいはModex Xに8~13万ドルを注ぎ込めない人々(=殆どの人々)に手の届く車だ。価格を別にすると、他にわかっていることはあまりない。Tesla以外の人々は、それがどんな形なのか全く知らない。

それも今夜までだ。同社はすべてをライブストリーム中継する。

見てみたいって?

業界の常識からいい意味で逸脱するように、Teslaはライブストリームをサイトの5クリック先の奥深い発見困難なURLにしたり、Facebookを堀り返したりしなくて済むようにした。

代わりにライブストリームは同社ホームページ、teslamotors.comのトップで公開される。

本誌はイベント会場からできるだけ早く最新情報を伝えるつもりだ ― 詳細のすべては今夜速報する予定。

発表イベントは西海岸時刻午後8:30にスタートする…ただしTeslaは物事を少し遅く始める傾向があるので、そのつもりで計画されたい。

【おもしろ情報:Model 3は当初Model Eと呼ばれることになっていた。しかし、ちょっとした商標問題が起き、TeslaはEから3に切り替えた。上の画像でわかるように、Teslaが決めたロゴは、限りなく「E」に近いながらも、「3」にも十分見える。そうだったのか】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook