拡張現実
ガジェット

すまない、Oculus。HoloLensを買うことにしたよ

次の記事

Microsoftにとってモバイルはさほど問題ではないかもしれない

今週、マイクロソフトのHoloLens Dev KitOculus Riftの両方が顧客への発送を開始したことで、頭に取り付けるヘッドセット同士の闘いは煮えたぎっている。

最新鋭のテクノロジーを愛するものであれば、その両方のテクノロジーを待ち焦がれているのではと思われるかもしれないが、実はそうではない。HoloLensは私に、Oculusが与えてくれなかったものを与えてくれた。それは、言いようもない歓喜とともに未来にむかって跳躍するような感覚だ。

AR vs VR

hololens-color-haje

HoloLensを装着すると、まるでヘッドバンドに取り付けられた重たいサングラスを着けているようだ。それだからこそ、着けている事を簡単に忘れてしまうという事実はとても興味深い。

この2つのデバイスは、フランケンシュタインの人造人間実験のように頭にスクリーンを取り付けるという点では似ている。だが似ているのはそこだけだ。これらのデバイスを比較するうえで最も重要なのは、この2つはまったく違った用途を持つという点だ。Oculusの仮想現実(VR)は、物語を観たり、ゲームをしたり、または鉄のような度胸を持っている人であればジェットコースターを1つか2つ楽しんだりするためのものだ。

その一方でHoloLensは拡張現実(AR)の典型だ。このデバイスは、本質的には大やけどの失敗をしたGoogle Glassのハイテク版のようなものだ。だが、Google Glassはコンピューターが馴染めないところにまで、それを無理取り入れようとした一方で(ゴホンゴホン)、HoloLensの使われ方は少しちがう。あの不運なメガネとは違って、HoloLensは「いつでもどこでも」装着するためのものではないのだ。

600ドルというOculus Riftの価格は、HoloLens Dev Kitの3000ドルと比べるとかなり安いが、後者のヘッドセットにはコンピューターが搭載されている。逆に言えば、グラフィック処理も難なくこなす高機能のゲーミングコンピューターとRiftを接続する必要がある。Riftを動かすために差額分の2400ドルを費やす必要はないが、費やそうと思えば簡単だ。そう考えると、この2つの実質的な価格の差はなくなる。

しかし、問題はお金の事ではない。単純に、私にはOculusの価値が理解できないのだ。映画はシェアする体験だが、顔の周りにマスクを取り付けた状態ではそれもできない。私にはゲームをする時間もない。それに、「Henry」のような物語は確かにVRでしか得られない体験ではあるものの、それは必ずしも私が探し求めているような体験でもない。しかも、それに2500ドルかそれ以上ものお金を費やさなければならないとしたら、なおさらだ。

HoloLensを顔に装着して異世界へとつなぎこまれる時も、私の頭にはそんな考えがあった。絶対に気に入らないと思っていたのだが、それは間違いだった。私は夢中になった。言葉にできないくらい夢中になったのだ。このテクノロジーは、自分を現実世界から隔離したいのではなく、このテクノロジーを使って自分の生活を高め、向上させ、そしてその名の通り拡張したいと考えている人には最適なものだ。

マイクロソフトはHoloLensのデモで、ARは現実世界の中で、社会的で協同的なものになり得ることを示した。もっと重要なのは、それを装着しているということさえも忘れてしまうということだ。

はるかに自然な体験

現実にデータが被さった世界に、あなたがどれだけ早く慣れることができるのかということを説明する方法はない。始めてそのデバイスを装着してから、ものの20分以内にはそれが普通なことのように感じる。「自然」と言ってもいいかもしれない。

hololens

写真の赤い部分はスピーカーになっていて、耳に向けられている。イヤホンなどを装着しないので、このデバイスは興味深いほど拡張世界の体験を阻害しない。

ある時、私たち6人は皆HoloLensesを装着して、同時に同じ3Dモデルを見ていた。マイクロソフトの専属担当者が歩いてきて、「それでは、エネルギー・ポータルはどこにあるでしょうか?」と尋ねてきた。私は彼の方を向いて顔をしかめ、こいつはいったい何を言っているんだと不思議に思った。

「ここにあるじゃないか」と私は鋭い口調でそう言って、指をさした。その時私は、彼はHoloLensを装着していないので、当然ながらどこにそのポータルがあるのか分かるはずがないことにはっと気がついた。私が、なぜARがVRよりはるかに理にかなった製品なのかという理由に気がついたのは丁度その時だ。たとえ視界に何だかよく分からないものが浮かんでいたとしても、現実世界にいることはとても自然なことだ。完全に人の手で作られた世界にいることは、そうではない。

HoloLensが常に直面するであろう問題は、それを装着している人が誰にも見えない物を見ているとき、その人がとても滑稽に見えてしまうことだ。BuildカンファレンスでのHoloLensのデモンストレーションがその例だ。

そう、このビデオの中でHoloLensesを装着している人はとても愚かな人に見える。それを避ける方法はない。だが一度装着したら、見た目など、どうでもよくなってしまう。

留意すべき重要な点は、このデバイスはGoogle Glassと違って、周りに人がいる時に装着されることを意図して製作されたものではないということだ。そのために存在するのではない。オフィスだとか、むしろデザインスタジオのようなコントロールされた空間のなかで現実世界と対話するときに装着するものなのだ。

私にとってこのテクノロジーの魔力とは、現実世界と拡張された世界が交差しているということだ。私はどこか遠いワンダーワールドに没頭することにはまったく興味がない。でも、自分の周囲の世界を変えられるキットが3000ドルだって?その話、のった。

Buildでは、まるで未来が突然に、予告もなく押し寄せてきたようだった。納得した。VRは確かにすてきなものだが、これまでのところ誰からも、それが何のためにあるのかという説得力のある説明を聞いたことがない。ARはそれとはまったく別の話しだし、その物語の次章では何が見られるのか、待っていられない。

[原文]

(翻訳: 木村 拓哉 /Website / Twitter