ソーシャル
direct messages

Twitter、iOSとAndroidアプリにDMボタンを追加―ワンタップで公開ツイートを特定の相手と共有できる

次の記事

Android Autoが新たに18か国でローンチ、自動車市場が急成長中のブラジル、インド、ロシアでも

Twitterが木曜夜のNFLのフットボールの試合をライブでツイートするというニュースが注目を集めている。それに比べると地味だが、今日(米国時間4/5)発表された新機能はやはりセキュリティー上の大きな進歩だ。Twitterでは「ダイレクト・メッセージ(DM)の機能と使い勝手を改善する」としている。

Twitterは今日からiOSとAndroidngアプリに新しいメッセージ・ボタン〔DMボタン〕を追加した。ユーザーはダイレクト・メッセージでツイートを共有することがこれまでよりはるかに簡単になる。

ユーザーが新しいボタンをクリックすると、ツイートをタイムラインから移動せず即座に公開ツイートをDMで共有できる。

念のために付け加えれば、ツイートをDMで共有すること自体はこれまでも可能だった。

DMでのツイート共有機能が最初に実装されたのは2014年だ。デスクトップとモバイルでサポートされたこの機能はTwitterユーザーにとって、当時も、さほどホットなものではなかった。しかし「公開投稿を特定の相手との非公開の会話に移す」という利用法が広がるにつれ、TwitterとしてはDMを簡単に使える方法をプロモーションする必要性を感じたようだ。

Message Button

Twitterの発表によると、プライベートに共有されたツイートの数は2015年下半期中に2倍に増えたという。.2015年のプライベート・メッセージの総数の増加は60%だったとされるからそれよりも大きく伸びたことになる。

Twitterによれば、モバイル・アプリにおけるDMボタンの追加はユーザーのフィードバックに基づくものだという。ユーザーはツイートを簡単にプライベートに共有する手段を強く望んでいた。これまでダイレクト・メッセージによるツイートの共有はハンバーガー・アイコンからドロップダウン・メニューを開き「ダイレクト・メッセージで共有」を選択するしかなかった。今回のアップデートで、タイムラインのツイート自体に「DMで共有」ボタンが追加され、モバイル・デバイスの狭いスクリーンでの使い勝手が大幅に改善された。

Twitterはこの数ヶ月、ダイレクト・メッセージの機能改善に力を入れてきた。またツイート内でGIF絵文字が使えるようになり、グループ・メッセージカスタマー・サービス機能が導入された。またDM内では140文字制限が取り払われた

Twitterはダイレクト・メッセージ機能をアプリとして独立させるべきだという意見も強い。これは今のところ実現していないが、re/codeの記事によれば、Twitterの社内でも支持する意見があるという。 DMの独立アプリ化からは遠いが、今回のDMボタンの設置はTwitterがプライベートな会話の重要性がたかまっていることを認識しており、Facebook Messengerのようなチャット・アプリと競争する方策を慎重に探っていることを推測させる。

新しいDMボタンはiOSとAndroidでTwitterアプリをアップデートすれば有効となる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+