学生が設計した “Femtosat” は人工衛星の打ち上げコストを1000ドル以下にする

次の記事

来週のF8でFacebookはチャットボットとライブチャットAPIを発表する予定だ

1000ドル使いたくてたまらないって? 新しいノートPCを買うのもいいが ― この小さな手のひらサイズの人工衛星を宇宙に送り出すこともできる。アリゾナ州立大学の技術者チームはそう願っている。彼らの “Femtosat” は、史上最も低価格な宇宙に向かうプラットフォームだ。

一辺3cm、重さ35グラム(大英帝国単位系の人たちには、約1.2インチと0.077ポンド)のSunCube 1Fは、Femtosatのプロトタイプの一つだ。ソーラーパネルの断片(製品そのままでは大きすぎる)をエネルギー源に、小さな箱の中には推進、画像処理、通信、およびデータ収集の機能か詰まっている。

「デザイン標準はCal Poly CubeSat標準を元に自作したもので、拡張性があり大幅なカスタマイズが可能」と、プロジェクトを卒るアリゾナ州立大Jekan Thanga准教授はTechCrunchへのメールで言った。

femtosat-6大型の3Fバージョンはキューブを3台積み上げたもので、人工衛星は棒状のバターくらいの大きさだ。これには実験機器を塔載する空間があるが、重量と体積は1Fよりずっと大きくなる。

このサイズは痛し痒しだ。打ち上げは安く済むが、3cmの立方体に収まる宇宙対応ハードウェアを探すのは困難だ。現在彼らは昇華粉体を用いて自身を拡大する「膨張」アンテナの開発に取り組んでいるが、Femtosatに収まるXバンド無線チップセットはまだ見つけていない(現在はUHFとSバンドを利用)。

現在の価格で、チームはSunCube 1FをISS(国際宇宙ステーション)に1000ドル以下で送り込めると推定している。そこでは微小重力をはじめとする様々な宇宙実験が行われている。低地球軌道にはこの約3倍の費用がかかる。

それでも、最も基本的なCubeSatsの打ち上げと比べるても破格だ。発射システムや要求にもよるが、100万ドル以上は必要だ(再利用可能ブースターロケットが価格を下げることに期待したい)。

「打ち上げコストが低いため、宇宙品質の部品のテストをCubeSatや専用宇宙船に載せることなく行える」とThangaは書いている。「私はこれが宇宙向けハードウェアの開発や認定の所要時間短縮につながると考えている」。

参入障壁を下げることで、ほぼ間違いなく実験や拡大が促進されるのは、他の多くのテクノロジー分野と変わらない。しかし、量産や商品化等、チームの課題はまだまだ多い。彼らはテストおよび配備の認定を受けるために10~20台のFemtoSatを作る計画だ。最終的には、超小型ラボとして打ち上げるか、事実上の使い捨て汎用軌道船として大型宇宙船に乗せることを願っている。興味のある人は、標準文書がここにあるので一読されたい。

アリゾナ州立大キャンパスの近くにいて、今夜時間のある人は、Marston Exploration Theaterに立ち寄って、ThangaがSunCubeや、彼がSpaceTREx ラボで研究しているその他の技術を紹介するので聞くことができる。6時に始まるので急いだ方がいい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook