graph databases
cassandra
datastax

Apache Cassandraデータベースを商用提供してきたDataStaxが昨年のAurelius買収の成果によりグラフデータベースをメニューに加える

次の記事

犬が自分が撮った写真を自動的にFacebookにポストする装具、冗談だが現実に必要かも

DataStaxが昨年、グラフデータベースのAureliusを買収したときは、それは同社のDataStax Enterpriseプロダクトにグラフデータベースの機能を加えたいからだと思われたが、今日(米国時間4/12)同社はその目標を実現し、DataStax Enterprise Graphのリリースを発表した。

このエンタープライズグラフプロダクトはDataStax Enterpriseプロダクトセットに完全に統合され、これまでのキー・バリュー(key-value)、表形式、およびJSONドキュメントモデルに加え、初めてグラフオプションが顧客に提供される。

Kaiser PermanenteやCambridge Intelligence、Linkuriousなど10社による2か月の綿密なベータを経て同社は、このプロダクトをついに一般公開できることになった。この新しいグラフデータベースは、Aureliusが開発したオープンソースのグラフデータベースTitanがそのベースだ。

DataStax Enterprise Graphは複数のプロダクトで構成され、それらにはグラフデータベースを動かすDataStax Enterprise Server、管理部位DataStax OpsCenter、グラフを視覚化するDataStax Studio、多様な言語をサポートするDataStax Driver(s)などがある。

Graph visualization in DataStax studio.

グラフを視覚化するDataStax Studio(写真クレジット: DataStax

 

グラフデータベースはいくつかの点で、関係データベース(リレーショナルデータベース)と異なる。関係データベースでは複数の表のあいだの関係を定義し操作できるが、あまりにも複雑なデータや大量のデータになると、それらを十分な実用レベルで扱うことはできない。データ集合が大きくなり、さまざまなデータ間の関係が複雑になると、企業はそれらを無理なく表現し操作できる方法を求めるようになり、そこにグラフデータベースの出番がある。

いちばんよく知られているグラフデータベースは、FacebookのSocial Graphだろう。それは、あなた自身とあなたの友だちとの結びつきを表現する。このほか、たとえばAmazonのようなeコマースのサイトでは、ある製品とその関連製品の結びつきを表すために、この技術を利用している。Amazonで買い物をした人は、誰もがその機能を気に入るだろう。また医学の分野では、たとえば患者の症状とさまざまな疾病との結びつきを調べたり、クレジットカード会社は異常事と多様な犯罪的行為との関連を調べたりする。グラフ構造で表現するのがふさわしいデータ間の複雑な関係は、まだまだ、いろいろありえる。

DataStaxは社員が400名あまりいて、その実態はオープンソースのApache Cassandraデータベースのいわば商用部門だ。Cassandraへのコントリビューションも強力に行っており、また多様なサポートとより高度な機能を求める企業顧客向けには、そのエンタープライズバージョンをサポートしている。〔Cassandraのドキュメンテーションの多くがDataStax上にある。〕

同社は2010年にローンチし、これまでにおよそ1億9000万ドルを調達している。最近の資金調達は、2014年の1億600万ドルのラウンドだった。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))