Facebook MessengerとWhatsAppのメッセージ数の合計は全SMSの3倍以上

次の記事

Uber、透明性レポートを公開。政府に1400万人分の情報を提出したことを暴露

今朝(米国時間4/12)の FacebookのF8デベロッパー・カンファレンスでは重要な発表がいくもあったが、メッセージ・アプリの人気と成長を示す興味ある統計も公開された。

CEOのマーク・ザッカーバーグによればMessengerとWhatsAppの双方を合算すると、伝統的なSMSの合計の3倍以上のメッセージが毎日やり取りされているという。具体的にいえばMessengerとWhatsAppでは一日あたり600億のメッセージが送信されているのに対して、SMSでは200億だった。

ザッカーバーグはまたMessengerのユーザーは昨年のF8開催時点で7億人だったのが9億人に成長したと述べた。一方WhatsAppはこの2月にユーザー数を10億人の大台に乗せている。

こうした統計は Messengerプラットフォームでチャットボットをサポートするというような重大なニュースと共に発表された。チャットボットはMessenger上で作動するユーティリティーで、カスタマー・サポートやeコマースなどの企業活動を助ける。ローンチ時点ですでに全国的なギフト花屋の1-800-FlowersやCNNのような有力企業と提携している。同時に天気予報アプリのPonchoやショッピングのSpring.ともパートナーとなっている。

当面チャットボットのサポートはMessengerに限定される。WhatsAppはシンプルにチャットだけを追求するようだ。チャットボットについては上記リンクの他に1月の記事参考になる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+