500 Japanの投資1号案件は1時間500円からの会議室シェアの「スペイシー」

次の記事

高級飲食店予約の「ポケットコンシェルジュ」、運営元が500 Startups Japanなどから資金調達——訪日外国人旅行者に照準

500 Startupsが日本でも本格始動するとお伝えしたのは2015年9月のことだけど、投資1号案件のニュースがTechCrunch Japanに入ってきた。このグローバルな投資ファンドネットワークの1拠点として立ち上がった500 Startups Japanの投資1号は、1時間500円から空き会議室を貸し借りできるシェアリングサービスの「スペイシー」だ(500 Japan Startupsは高級飲食店予約の「ポケットコンシェルジュ」への共同投資も1号案件として同時に発表してるが)。スペイシーは2013年10月設立で累計利用者数25万人。正確な額は非開示だが、500 Startups Japanから数千万円規模の資金調達をしたという。

スペイシーは、最短1分でスマホからでも会議室の予約・決済ができるサービス。現在は東京の山手線線圏内の主要駅付近と横浜をエリアとしていて、利用人数や目的、設備などから貸し会議室やレンタルスペースを検索できる。利用用途はビジネスミーティングだけでなく、セミナーや社内研修、英会話や料理、ダンスなどの個人レッスン、パーティーなどがあるそうだ。

spacee01

spacee02

貸し手は、オフィスの空き部屋や会議室、飲食店の個室などを掲載できる。ちょっと実際のサイトで検索してみたところ、10日ほど先の午後イチ(13時〜14時)の予約可能アイテムなら、渋谷、新宿、大手町といったキーステーションあたり10〜20件の場所がすぐに表示された。無線LANやホワイトボード、プロジェクタ、キッチンの有無によって絞り込み検索ができる。

スペイシーは2013年10月設立で、累計利用者数25万人。B向けの空きスペースのシェアリングサービスといえば、TechCrunch Tokyo 2014のファイナリストでもあるスペースマーケットが2014年4月にローンチした同名のサービスがある。スペースマーケットは対象地域が全国で、参加人数も1000人なんていう規模の大きい「イベント」に対応しているところ、それから非日常っぽい場を多く掲載していて、ロケハンなんかも対象市場としているところが違いだろうか。