signal fire

ClassDojo、保護者面談に代わるアプリで2100万ドルを調達

次の記事

ウォンテッドリーがポートフォリオサービス「CASE」を公開、まずは国内10社300作品を掲載

ClassDojoがシリーズBのベンチャー基金2100万ドルを調達した。教師と生徒の親をつなぎ、学校での生徒の活動や社会的、行動的発達について密に連絡を取り合うためのアプリだ。

一年を通じて、あるいは一日の登校日を通じてでも、連絡を取り続けることによって、親たちはわが子が日頃学校で何を体験し、どう行動しているかを知らされ、学期に一度の保護者面談だけで聞くことに驚かされることがなくなる。

共同ファウンダーのSam ChaudharyとLiam Donによると、同社は2015年末にこの調達ラウンドを完了し、その資金を元にチームを拡大すると共に、登校中だけでなく家庭にいる間でも親にとって有用なコンテンツと機能を検討している。

「目的は、子供の学校での学習と成長を促進するように、家で親の会話を導くこと」とChaudharyは言う。

教師はClassDojoを使って、活動のスケジュールを、通常毎日、親に知らせる。さらに一日を通じて、生徒の作品や活動の参加状況を写真やビデオに撮って親たちに知らせることもできる。

2011年に設立されたとき、ClassDojoのファウンダーらは、多くの教育IT企業がデジタルカリキュラムや採点簿やテストプラットフォームを作っているのを見ていた。しかし、教師と生徒とその親をつなぐ文化やコミュニティーを作るための、無料で使いやすいアプリはなかった。

それでも、他の教育会社との競合はあり、 RemindFreshGradeNearpodKickboard等の会社も、学校と親をつなごうとしている。

同社の資料によると、現在ClassDojoは私立、チャータースクールから国内最大の公立学校まで、全米8万5000の学校の教師たちがアクティブに使用している。

殆どのユーザーはキンダーガーデンから8年生までのクラスを担当している。

現在ClassJojoは、さらに多くの教師と親にアプリを配ることに集中している。従業員25名のスタートアップはまだ収益を上がていない。

ClassDojo cofounders CEO Sam Chaudhary and CTO Liam Don

ClassDojo cofounders CEO Sam Chaudhary and CTO Liam Don

ファウンダーらが今後一切するつもりがないと言っているのは、ユーザーのデータから収益を得ることだ。「子供が関わることでプライバシーは最大の懸念事項」とCTOのLiam Donは言った。代わりに親たちが利用するプレミアム機能とコンテンツを作れると彼らは考えている。

同社のシリーズBラウンドをリードしたのはGeneral Catalyst。ClassDojoの新たな投資家には、GSVReach Capital、およびSignalFireがいる。

サンフランシスコ拠点のスタートアップは2011年に設立され、これまでにベンチャー基金で3100万ドルを調達した。現在Y Combinator傘下となった教育ITアクセラレーター、Imagine K12(現在Y Combinator傘下)出身。

General Catalystのマネージングティレクター、Herman Tanejaは、「当初ClassDojoは、よい行動特性を教えるためのツールだった。しかし今は、親と教師と生徒が協働するために使われている」と話した。

これは、同社にとって現在唯一の教育IT投資先だ。

TanejaはClassDojoのユーザー成長について、FacebookやSnapchat等のソーシャルネットワークやメッセージングプラットフォームと同様に考えているが、アプリは教育目的専用に作られている。

「この会社が何らかの収益を上げるためには、そしてわれわれはClassDojoがそうなるのは1年以上先だと考えているが、親と教師が必要としていることや、子供が人生で成功するチャンスを高めるために親が既に行っていることに基づいて考える必要がある」とTanejaは言った。

親がClassDojoのようなアプリを使って、カスタム版のイヤーブックや、子供が自宅で使えるビデオ、討論ガイド、課題等のコンテンツを購入するようになることは十分想像できる。

アプリは取引機能も備えており、現在は現金や小切手を子供のカバンに入れて届けている、野外活動やランチや教材等の費用を、親はスマホを通じて学校に支払うことができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook