Apache Mesos

MicrosoftのAzure Container Serviceが一般供用へ…オーケストレーションは主要二社の製品から選べる

次の記事

Naked Labs、鏡型のボディースキャン端末でフィットネステクノロジー業界に参入

MicrosoftのクラウドコンピューティングサービスAzure用のコンテナスケジューリングおよびオーケストレーションサービスAzure Container Serviceが、一般的に可利用になった。

このサービスではユーザーが、自分たちのコンテナをデプロイおよびオーケストレートするためにMesosphereのData Center Operating System(DC/OS)、またはDockerのSwarmとComposeを選ぶ。サービスが発表されたのは2015年9月で、公開プレビューは今年の2月に行われた。

MicrosoftのAzure担当CTO(でときどき小説家の)Mark Russinovichによると、DockerのSwarm/Composeと、DC/OSのオープンソース部位…どちらもオープンソースプロジェクトがベース…の両方を使えることが、Azure Container Serviceの、コンペティターにはない利点だそうだ。

acs-cluster

Russinovichによると、同社は顧客に、二つのうちのどっちを使え、ということは言わない。“うちのクラウド上で顧客に、どちらか、または両方を使って、グレートな体験をしていただくことが、われわれの仕事”、だそうだ。

MicrosoftとMesosphereの関係は、もうかなり長い。最初同社は、AzureのユーザーがAzure上でMesosphereのDC/OSを使えるという方式を選び、Mesosphereとのパートナーシップにより、WindowsとHyper-VコンテナでもDC/OSを使えるようにした。さらにMicrosoftはMesosphereに戦略的投資を行い、昨年はMicrosoftがMesosphereをその年に買収するという噂もあった。Russinovichはもちろん、買収についてはコメントしないが。

Inbox_–_frederic_techcrunch_com

Microsoftの考えでは、オープンソースのソリューションを使うことによってユーザーは、自分たちのワークロードを、必要に応じてオンプレミスに移すことも容易にできる。また、既存のオンプレミスのソリューションをAzureに移すこともできる。

しかしMicrosoftのこの陣容には、GoogleのKubernetesの姿がない。こちらもやはり、オープンソースのプロジェクトだが。この点についてRussinovichは、あくまでも顧客の要望の多いオープンソース技術を選んだのだ、と言う。Kubernetesはこれまでの要望になかった、ということだが、彼は、Azureが今後それをサポートする可能性がないわけではない、と言った。

Russinovich曰く、今Microsoftは、多くの企業がそのワークロードをコンテナに移しつつある状況を目撃している。“数年前にはdevの連中がテストしているだけだったが、今では全社的にそのプロダクションに採用している”、と。

しかしユーザーは、自分のデプロイに対するサポートを、直接、MesosphereやDockerから得なければならない。今MicrosoftがRed Hatとの契約でやってるような、‘Azureからのサポート’という形には、当面ならないようだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))