TechCrunch共同ファウンダー、元編集長のマイク・アリントンはCrunchFund代表を降りていた

次の記事

Facebook Messenger、グループ通話に対応

今日(米国時間4/20)、マイケル・アリントン(Michael Arrington)は自ら創立したCrunchFuncの共同代表の座を降りていたことが明らかになった。

アリントンは2005年にこのTechCrunchを共同で創業したことで有名だ。同時に、2011年にTechCrunchを去った経緯も花々しい話題を提供した。アリントンはAOLにTechCrunchを売却することに成功したものの、エンジェル投資家としての立場とITニュースブログの編集長としての立場がバッティングするという批判にさらされた。

今日発表されたSEC(証券取引委員会)は4000万ドルの第3回の新た資金集めのためにCrunchFundが提出した書類を公開した。この文書で特に目立ったのは「関係者」の欄からアリントンの名前が消えていたことだ。 Fortuneとのインタビューで、アリントンは「健康状態を改善するためにフルタイムのベンチャー投資活動を一時中止する」と語った。

「ガンにかかってはいないし、その他深刻な病気をかかえているわけでもない。あまり深刻な調子で報じないでもらいたい」とアリントンはインタビューで語っている。CrunchFundに関しては今後も個別の投資案件に関わるし、すでに投資しているスタートアップへのアドバイスも続けるという。

アリントンは大学の同窓生で、長年ベンチャーキャピタリストをしてきたパット・ギャラガー(Pat Gallagher)とCrunchFundを創立した。同ファンドにはTechCrunchのスター記者だったM.G.Sieglerも参加した。Sieglerは2013年にCrunchFundを離れてGoogle Ventures(現在のGV)に加わった。

CrunchFundのポートフォリオ企業は数百社に上る。その中にはYammerも含まれる(その後Microsoftが12億ドルで買収)。非上場の投資先にはAirbnb、Uberl、Codecademyなどが含まれる。

新たに公開された書類ではギャラガーが唯一の関係者(ゼネラルパートナー)と表記されている。トップ人事にともなってさらに新規の採用が行われるかどうかは不明だ。われわれはギャラガーにメールし、アリントンに留守電を入れたが、両者ともまだ返事がない。

〔日本版〕トップ写真にマイケル・アリントンといっしょに写っているのはエンジェル投資家として著名なロン・コンウェイ(Ron Conway)。Yammerは2008年9月のTechCrunch 50(第2回のカンファレンス)で最優秀賞を得た。記事の写真の左端で発表のカードを抱えているのがアリントン。右から2番めの小柄な人物がカンファレンスの共同ファウンダーだった起業家のジェイソン・カラカニス。このときにFitBitも審査員特別賞を得ている。アリントンはTIMEの「2008年にもっとも影響力があった100人」に選ばれ、表紙を飾ったことがある。このときインターネットからはマーク・ザッカーバーグも選ばれている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+