賃貸情報がCCCと組んで「ポイントゲット賃貸」を開始、成約に応じてTポイントを提供

次の記事

プロダクトやサービスにチュートリアルを同居させてユーザー定着率を向上するChameleonが$1.9Mを調達

賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」を手がけるスタートアップ、賃貸情報が4月22日、新たな賃貸情報サイト「ポイントゲット賃貸」の提供を開始した。

ポイントゲット賃貸は日本全国100万件以上の賃貸物件を掲載。サイトを通じて成約し、入居を決めたユーザーに対して、引っ越し祝いとして1万3000 ポイント以上のTポイントを獲得できるという。利用には、Tカード番号登録済みのYahoo! JAPAN IDが必要となる。

賃貸情報は以前から提供しているキャッシュバック賃貸では、成約時に引越祝い金として1万円程度のキャッシュバックを実施していた。ポイントゲット賃貸はいわばその「Tポイント版」だ。

ではなぜこんなサービスが生まれたのか? 実は賃貸情報はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が2015年に実施したベンチャー企業向け支援プログラム「T-VENTURE PROGRAM」のTポイント賞の受賞企業。この受賞が契機となってサービスがスタートしたのだという。

賃貸情報サイトとポイントサービスという関係で見れば、「SUUMO」を展開するリクルートグループは、2月に自社グループで展開していたポイントサービスをPonta(ポンタ)に統合している(ただし直接的なサービス連携は今のところない)。また「HOME’S」を展開するネクストは、大株主である楽天とともに「楽天不動産」でも賃貸情報を配信している。ここでは楽天スーパーポイントによるキャッシュバックキャンペーンなどが行われている。そういう観点で見れば、ポイントゲット賃貸はいわば賃貸情報サイト×ポイントの領域に対して、CCCがスタートアップとタッグを組んでやってきた、ということにも見えてくる。