talent
IT talent

クラウド管理者の需給ギャップを解消するためにOpenStack Foundationが公式の技能検定試験とそのための準備の機会を提供開始

次の記事

bitFlyerがシリーズCで約30億円を調達、資本金で世界2位のビットコイン取引所に

今や誰もが知っているように、優秀な技術者を見つけるのは相変わらず難しい。OpenStackクラウドの管理のような、複雑で高度に専門的な技能となると、なおさらだ。そこでOpenStack Foundationは今日(米国時間4/25)、人材の社会的在庫を増やし、またITのアドミンたちが自分のOpenStackスキルを実証できるためのプログラム、OpenStackアドミニストレーターの技能検定事業を、オースチンで行われているデベロッパーサミットで初めて立ち上げた。

OpenStack Foundationの理事長Jonathan Bryceが、今日の発表声明でこう述べている: “テクノロジーの大きな変化が起きるときはいつもそうだが、クラウドコンピューティングも企業に、技術者の技能再習得と、企業文化および業務過程の再定義を要請している”。検定試験に合格した、有資格のOpenStackアドミニストレーターが多数輩出するようになれば、OpenStackを採用した企業や団体におけるクラウドアドミニストレーターの需要が満たされ、順調に成長していけるだろう。

最初の試験は、今週のOpenStackカンファレンスで行われる。OpenStack Foundationが言ってるように、LinkedInは最近、”Cloud Computing”を”hottest global skill of 2015(2015年において需要がトップだったスキル)に掲げた。またIndeedのデータによると、OpenStackの求人数は2015年に前年比で倍増した。

OpenStack Foundationは、試験のための準備と試験の開催の両方を提供していくために、Canonical, Hewlett Packard Enterprise, Linux Academy, Linux Foundation, Midokura, Mirantis, PLUMgrid, Rackspace, およびSUSEなどとパートナーした。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))