ペット
Tomofun
Furbo

お留守番をしている愛犬に声をかけたりおやつをあげられるリモートカメラFurbo

次の記事

CoreOSのStackanetesを使えばOpenStackのコンテナをKubernetesで管理運用できる

Tomofunが作ったFurboは、外出している飼い主と犬が対話する新しい方法を提供する。

このカメラを使って犬を常時ウォッチでき、オーディオは双方向なので、いつでも犬に話しかけて彼/彼女の孤独感をまぎらしてあげられる。アプリまたはオーディオをoffにしているときでも、犬が吠えたらスマートフォンにプッシュ通知がくる。

ペットカメラはいろんなところが作っているが、Furboの重要な差別化要因は、カメラが犬におやつを投げてあげられることだ。

先週のプレスイベントでは、かわいい子犬たちにつられて、ぼくもFurboを試してみた。おやつをどっちに投げるかは、スマートフォンのアプリでカメラに指示するが、そのやり方は簡単だ。おやつが投げられた、と分かった犬が、部屋の向こうへ駆けていく姿は、なかなかかわいい。

Furbo今Indiegogoに出ていて、予価は99ドルだ。目標額の5万ドルは、すでに超えている。発売は、7月の予定だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))