アプリ
machine learning

YouTube、iOSとAndroidのアプリで「あなたへのおすすめ」を全面アップデート

次の記事

ランサーズがライター特化のポートフォリオを公開、「WEBライティング技能検定」の是非も聞いてみた

次にiOSAndroidスマートフォンでYouTubeアプリを開くと、ホームページが改良されているのに気づくだろう。

これまでYouTubeは「あなたへおすすめ」動画を多数のサムネールのリスト形式で表示してきた。 その後にさらにユーザーが最近再生したビデオと興味を持つテーマに沿った短いリストが続く。

新しいモバイル・アプリではすべての「おすすめ」ビデオが単一のフィードに統合され、その分サムネールは大きくなっている(大きすぎてスクロールしなければサムネールは2つぐらいしか表示されないかもしれない)。この変更により、「あなたへのおすすめ」は「急上昇」のタブとほぼ同一のデザインとなった。

YouTubeのプロダクト・マネジメント担当副社長、Johanna Wrightは私の取材に対して、「YouTubeはこれまで単一のリスト形式をテストしてきた。これは推薦アルゴリズムの改良をベースとしている。数週間にわたって一部のユーザーを対象に実験した結果、視聴したビデオの本数、滞在時間が増える傾向が確認できた」と語った。

Wrghtによれば、「数多くの改良を加えた結果〔推薦の精度が〕大きく改良されたので従来のようなグループ分けを廃止し、単一フィードに切り替えた。テストによれば、ユーザーは新しいデザインを好んでいる。YouTubeはきわめてデータ志向が強いチームであり、ユーザー体験の改良はすべてA/Bテストにもとづいている」という。

これに加えてWrightは、 Googleの新しい推薦アルゴリズムは、深層ニューラルネットワーク学習を基礎としており、1時間以内にアップロードされた最新のビデオも推薦の対象とすることができるなどリアルタイム性に優れているという。

「YouTubeが好みをよく理解しているということをユーザーに伝えたい」とWrightは言う。つまり新しいUIになって表示される「おすすめ」ビデオの数は多少減ったかもしれないが、いっそうユーザーの関心により正確に合致するようになっているはずだとYouTubeは期待している。新システムの「おすすめ」にはすでに登録しているチャンネルに最近アップロードされたビデオも表示される。これがYouTubeのクリエーターに影響があるかどうかも注目だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+