aapl

Appleの投資家たちはAppleの時価総額400億ドルあまりを失った

次の記事

Moneytreeは家計簿に留まらない、証券口座対応で包括的な資産管理アプリに

当然そうなるはずのことが、今やオフィシャルだ。Appleの株価は今日(米国時間4/27)$96で寄り付き、前日終値$104.35から8%の下げだ。でもこの下げはAppleだから、金額的にも大きい。Appleの投資家は、同社の市場時価総額を約430億ドル削られたのだ。

Appleほどの超巨大企業ともなると、これほど大きな下げはめったに起きるものではない。たとえば2013年にAppleは、10%下げた。そのとき同社は、大きな不確実性とボラティリティに悩まされた。

今回投資家たちは、iPhoneがピークに達したことを懸念している。今四半期は、iPhoneの売上が初めて前年同期比で落ち込んだ

Appleの、次の展開が読めない。iOSは二つの支配的なプラットホームの一つであり、Appleは毎四半期に何千万台ものiPhoneを売ってきた。それは、大量の金を産むビジネスだ。しかし投資家たちが唯一求めるものは、成長、成長、そして成長だけだ。

ちょっと大局的に見てみよう。Appleは今でも約5390億ドルの価値がある。今との関連では、Appleの株は2月23日に$94.69(今日よりも安い)で取引されていた。

不運なApplep! 64日間も安値なんて!

Screen Shot 2016-04-27 at 4.50.44 PM

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))