Microsoft
Microsoft PowerApps

プログラミング不要、ドラッグ&ドロップでビジネスアプリケーションを作れるMicrosoftのPowerAppsツールが公開プレビュー

次の記事

高校生が3Dプリントで作った‘ミニ脳’バイオリアクターがジカ熱の研究を加速

Microsoft PowerAppsを使えば、誰もがベーシックなビジネスアプリケーションを作れる。プログラミングの能力は、必要ない。そのアプリケーションは、Web上やモバイルで使える(後者はiOSやAndroid用のPowerAppsアプリを使う)。Microsoftはこのプロジェクトの最初の非公開プレビューを昨年11月に発表したが、今日から(米国時間4/29)は、誰もがそれを試用できる。

PowerAppsでアプリケーションを作ることはほとんど、ドラッグ&ドロップの作業だ。Web上のダッシュボードもあるが、アプリケーションのデザインはWindows 10のデスクトップアプリケーションで行う。

ビジネスの現場の(line-of-business, LOB)アプリケーションは、その多くがさまざまなデータソースに接続する。ありがたいことにMicrosoftの場合は、Excel, Office 365, SharePoint Online, OneDrive, Dynamics CRMといった自社製のツールに容易にアクセスできるだけでなく、Google Drive, Salesforce, Dropbox, Slack, Twitterなどのサードパーティ製ツールにもPowerAppsで作ったアプリケーションからアクセスできる。PowerAppsに統合されていないサービスへのアクセスが必要な場合でも、そのサービスがRESTfulなAPIを公開してれば大丈夫だ。

5c54a318-05e4-414c-a2e3-84982cf8ff3d

新規ユーザーの定着策としてMicrosoftは、二つのよくあるユースケースのための、テンプレートを数多く提供している。でも、新しいアプリケーションをまったくのゼロから作るのも、かなり簡単だ。Microsoftの宣伝コピーが言うほど、簡単ではないかもしれないけど。

download (1)

Microsoftが今週初めにひそかにリリースしたサービスMicrosoft Flowは、必要な処理の流れ(flow)に合わせて複数のアプリケーションをつなぐ役をする(例: 条件xのときAからBを起動する)。PowerAppsで作ったアプリケーションは、このFlowを使えるから、複雑なワークフローの自動化がある程度できる。

Flowは、類似のツールIFTTTやZapierに比べると、各種条件に応じてのアクションの呼び出しがより柔軟にできる。ただし、現状ではFlowに対応(Flowをサポート)しているサービスの数が少ない。今対応しているのはビジネスツールが多くて、Office 365, Dynamics CRM, Yammer, MailChimp, Slack, GitHub, SalesForceなどだが、FacebookやTwitterの標準的なアクションも呼び出せる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))