コマース
poshmark
spring cleaning
consignment

スマホのおかげで個人が物を売るのが超簡単になった(おすすめアプリ三つをご紹介)

次の記事

好きなモノつながりをより強く意識したソーシャルネットワークのTastemates

自分のクローゼットを整理して、ついでに要らないものが売れたらいいな、と思ったことある? 今では、そんな要らないものを、委託販売のサイトに載せなくてもいいのよ。もっと簡単に中古のものを売れるアプリが、いろいろある。今回いろいろ試してみて、いいのを三つ見つけたから、ご紹介しちゃおう。今ならまだ、春の衣替えに間に合うでしょう。

Poshmark

Poshmark

Poshmark

Poshmarkは要するに、衣料品を売るためのInstagramだ。売りたいものの写真を撮り、値段をつけてシェアするだけ。フォロワーを作れるし、カテゴリーで検索もできる。ドレスもあり、バッグもあり、ジュエリーもある。Poshmarkには、女性が使うものならほとんど何でもある。そして今では、子どもやメンズにも手を広げようとしている。人だけでなく、ブランドやブチックもフォローできるから、いいものが早く見つかるかも。中古だけじゃなく、新品もある。アプリは無料で、iPhone用とAndroid用がある。

 

ThredUP

ThredUP

thredUP

thredUPでは、古い衣類をお金に換えることが、それをバッグに入れるぐらい簡単にできる。サイトに申し込むと、宅配用のパッケージを送ってくるから、それに衣類を入れて送り返す。ただし、このサイトが受け付けるブランドが決まっている。Kate Spadeはイエス、Chico’sはノー。それに、得られるお金はせいぜい数ドル。つまりそれは、売上の1%だ。売れなかったらリサイクルに行く。取り戻したかったら12ドル99セントを払う。アプリは無料で、iOS版とAndroid版がある。

 

OfferUp

OfferUp

OfferUp

洋服じゃなくって、ほうきや野球のバットを始末したい人。OfferUpが助けてくれる。Craigslistみたいな三行広告サイトだけど、オークションみたいなこともやっている。要らないものの写真を撮り、カテゴリーを指定する(家具、電子製品、など)。入札者を入札価格の順にソートできるし、入札者にメッセージを送れる。東部からウェストコーストに引っ越したときOfferUpを利用したが、ゴミ入れにも入札者がついた! ただし、ポストした翌日からは冷えきってしまうアイテムも多い。鉄は熱いうちに打て、よ。アプリは無料でiOSとAndroid用がある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))