Siriの共同ファウンダー、Dag Kittlaus、次世代AIのVivアプリを来週のTechCrunch Disruptでデモ

次の記事

SpaceX、ドローン船への宇宙船再着陸にふたたび成功

Siriは世界中の何億というAppleユーザーに使われているが、この遍在的ソフトウェアを開発したのはほんの小人数のチームだということはあまり知られていない。Siriの共同ファウンダー、元CEOのDag Kittlausはその1人だ。

現在Dagのチームは新しい人工知能プラットフォームVivを開発中で、Dagは来週のTechCrunch DisruptでVivを利用して開発されたアプリをデモする。

Dagは同じく元SiriのAdam Cheyer、Chris Brighamと共にVivの共同ファウンダーであり、現在同社のCEOを務めている。Siriのテクノロジーは最初にSRIで開発され、2007年にDagらがこのテクノロジーを利用するビジネスをスタートさせた。

Siriは当初App Storeに登録されたアプリだった。2010年にAppleはSiriを買収し、DagはiPhoneアプリ担当副社長としてSiri及び音声認識テクノロジーの開発チームを指揮した。2012年にDagはAppleを去り、さらに高度な人工知能プラットフォームを目指すVivを起業した。

Dagは来週ニューヨークで開催されるDisrupt NY 2016で人工知能の将来について講演すると同時に世界最初のVivアプリをデモしてくれることになった。

Vivプラットフォームはまだ正式にリリースされていないが、その目的は「どんなことについても自然に会話できる」ような人工知能をデベロッパーがアプリに簡単に組み込めるようにするプラットフォームの開発だ。 DagはAppleを離れた直後に、TechCrunchにSiriはほんの手始めにすぎないという記事を書いて Vivを予告した。Dagは人工に知能についてカンブリア期の生物進化の爆発のテクノロジー版が起きるという記事も寄稿している。

FullSizeRender (1)

Dagはモバイル・ビジネスに長い経験がある。VivとSiri以前にはTelenor MobileとMotorolaで幹部を務め、Motorolaでは人工知能インターフェイスを開発するInteractive Media Groupを創立した。VivはAIシステムが新しいタスクを実行するためには自らコードを書く機能、いわゆるプログラム合成テクノロジーの大幅な進歩をベースにしている。

Siriは単独のアプリだが、VivはデベロッパーがAIによる会話的能力をアプリに組み込めるようにするためのインフラ開発を目指している。Dagによれば、現在あらゆるアプリに搭載されている「検索ボタン」と同じくらい、Vivによる会話機能を普遍的なものにしたいという。TechCrunch DisruptではVivプラットフォームを使って開発されたアプリがデモされるというので、プラットフォームの能力の一端が明らかになるだろう(Disrupt NY 5月9日から11日にかけてブルックリンのレッドフックで開催される。チケットはこちら)。

Dagの他に、KikのTed Livingston、Starfish MediaのSoledad O’Brien、Amazon Echoの副社長Mike Georgeなども講演する予定。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+