ニュースレターサービス「theSkimm」がミレニアル世代を惹きつける方法

次の記事

PicturesqeはAIを利用してベストの写真をすばやく選んでくれる上級写真家向けツール

theSkimmのファウンダーDanielle WeisbergとCarly Zakinは本日開催している Disrupt NYC 2016に登壇し、メディアが今最も獲得したいオーディエンスである「ミレニアル世代」を引き込む方法について話した。

20代、30代のユーザーが気になっているニュースを簡潔に伝えること、そして広告表示について誠実であることが重要と話す。

知らない人のために説明するとtheSkimmは新しいタイプのメールニュースレターで、ウィットに富んだ文章を加えて、仕事をする若い世代のニュースを読む方法に変えている。

このスタートアップは1年半ほど前にローンチし、世界で350万のサブスクライバーを獲得するまでに急成長した。この数字はNew York Timesのデジタル版サブスクライバーより多い。

theskimm disrupt ny 2016 canva 2

プラットフォームには、デイリーニュースレターの「Daily Skimm」、他にも「Skimm Ahead」「Skimm the Vote」そして「Skimm Guides」がある。Snapchatで何を見るべきかやパナマ文書の概要、セレブのカーダシアン家の話などを伝える。

ファウンダーの両名は報道の世界でキャリアを積んできたが、ニュースビジネスにいない友人にもニュースにアクセスしやすくするために前職を辞めたという。

theSkimmのニュースは仕事を始めた若い世代を惹きつけているようだ。theSkimmはウイットを効かせた編集で何百万人もの「ミレニアル世代(18才から34才)」の関心を集めている。

theSkimmは他にも、オーディエンスを集めるための活動も実施している。1万3000人の「Skimm’bassadors(Skimmのアンバサダー)」がサービスを世に広めている。Skimm’bassadorsたちは友人にサービスにサインアップしてニュースを読むことを薦めるとトートバックなどの報酬をもらえるそうだ。

theSkimmはミレニアル世代のユーザーが納得するマネタイズの方法も見つけている。プラットフォーム上で宣伝するプロダクトについてユーザーに誠実であり、ネイティブ広告を活用しているという。

それとは別に、SkimmAheadアプリは同社にとって2番目の収入源になっている。サブスクライバーは月2.99ドルで最新イベントの情報やNetfilxで登場する新作などの情報を知ることができる。

簡単に言うと「スマホを見る時間は新しい『私時間』です」とWeisbergは言う。「theSkimmではその時間を楽しいものしたいのです」。

  1. tcdisrupt_ny16-88221.jpg

  2. tcdisrupt_ny16-8810.jpg

  3. tcdisrupt_ny16-8809.jpg

  4. tcdisrupt_ny16-8799.jpg

  5. tcdisrupt_ny16-8798.jpg

  6. tcdisrupt_ny16-8797.jpg

  7. tcdisrupt_ny16-8794.jpg

  8. tcdisrupt_ny16-8792.jpg

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter